新しい弁護士「スクールロイヤー」とは? いじめや虐待など学校現場でおこるトラブル対応

2020/07/31 17:00

 2018年に放送されたドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」により、その存在が知られるようになった『スクールロイヤー』。いじめや虐待から子どもたちを守るため、教員の負荷を減らすために、よりよい教育の場を作るために、スクールロイヤーの挑戦が始まっている。AERAムック「大学院・通信制大学2021」では、その現状を取材した。

あわせて読みたい

  • いじめ自殺でアンケート破棄が常態化する学校 「証拠隠滅」は裁判対策?
    筆者の顔写真

    石井志昂

    いじめ自殺でアンケート破棄が常態化する学校 「証拠隠滅」は裁判対策?

    dot.

    12/4

    室井佑月「いじめを無くせ」
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月「いじめを無くせ」

    週刊朝日

    10/21

  • 自殺しないために、いじめられたらどうすればいいのか?

    自殺しないために、いじめられたらどうすればいいのか?

    dot.

    8/16

    橋下徹氏の「同級生」校長が行ういじめ問題の取り組み

    橋下徹氏の「同級生」校長が行ういじめ問題の取り組み

    週刊朝日

    8/31

  • 新しい国家資格「公認心理師」とは? 学校、職場、被災者のカウンセリングなど活躍が期待

    新しい国家資格「公認心理師」とは? 学校、職場、被災者のカウンセリングなど活躍が期待

    dot.

    7/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す