左右の目で見え方が違う? 失明原因にもなる加齢黄斑変性かも

ヘルス

2020/07/17 17:00

 加齢黄斑変性は、失明の原因疾患のひとつ。もともとは欧米で多くみられたが、近年は日本でも増加しており、高齢人口の増加に伴い、今後さらに増えると予測されている。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、その原因や症状について、専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • 加齢黄斑変性の新治療 iPS細胞での研究も始まる

    加齢黄斑変性の新治療 iPS細胞での研究も始まる

    AERA

    5/6

    失明リスクもある加齢黄斑変性 早期治療で視力維持が可能に

    失明リスクもある加齢黄斑変性 早期治療で視力維持が可能に

    dot.

    7/18

  • 「ゆがんで見える」「中心が黒い」は要注意 失明リスクもある強度近視の合併症

    「ゆがんで見える」「中心が黒い」は要注意 失明リスクもある強度近視の合併症

    dot.

    8/25

    初期症状を見逃しやすい? 網膜が傷ついた3つのサイン

    初期症状を見逃しやすい? 網膜が傷ついた3つのサイン

    週刊朝日

    3/31

  • 【目の疾患】失明する可能性があり、緊急手術が必要なものも 片目をつぶると眼の状態を把握しやすい

    【目の疾患】失明する可能性があり、緊急手術が必要なものも 片目をつぶると眼の状態を把握しやすい

    dot.

    2/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す