再生数13億回のママYouTuber「手越祐也はYouTubeで成功するのか」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

再生数13億回のママYouTuber「手越祐也はYouTubeで成功するのか」

連載「ママYouTuberなーちゃんの三足わらじ生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、”ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数は221万人(2020年5月時点)を誇る。

 手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所し、会見をしたことが大きな話題となりました。彼がどのような条件で退所したのかは推測の域をでませんが、おそらく今後テレビでの活動は、一定の期間は難しくなると思われます。

【写真】会見でも「テイッ!」と笑顔の手越祐也

 そこで、手越祐也さんがYouTuberになるのではないか、と度々言われています。今回は、もし手越祐也さんがYouTuberになるとしたら、どのような課題があるのかについてお話しします。

 芸能人のYouTube進出は、もはや当たり前になっています。何らかの事情でテレビに出られなくなった方々も、YouTubeに進出することにより成功しています。テレビ以外の選択肢が芸能人に与えられている状態、とも言えます。テレビでは、出られる人数の枠が決まっていて、新人の入れ替えは激しく、大御所がポジションを取り続けるのが現状です。

 YouTubeも、新人の参入は非常に多いですが、テレビのようにチャンネルや番組や演者の数に制限がないので、テレビよりも露出のチャンスがあるメディアといえます。

 手越祐也さんは、知名度も人気も抜群の方です。YouTubeで生配信した会見は、同時視聴は132万人でした。これは、嵐が昨年11月3日に記録した78万人を大幅に上回る日本記録です。手越祐也さんのYouTubeのチャンネルの登録者数は70万人(6.27現在)です。彼はまだ動画コンテンツをアップロードしていませんが、本格的にYouTubeを運用するとしたら、様々な課題があります。

 まず、YouTubeとテレビとの違いです。YouTubeはテレビとは違うメディアなので、テレビでの戦略がそのまま使えるわけではありません。長期的に安定して運営するとしたら、YouTubeに特化したプロデューサーや専門家が必要になります。

 芸能人のYouTube進出で大きな課題になるのは、演者の「ガチ度」が低いことです。YouTubeは参入障壁が低いので、毎日多くの人々がチャンネルを開設しています。芸能人の知名度では太刀打ちできない素人も数多くいます。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい