突然、顔の片側が動かなくなる「顔面神経麻痺」 年間約6万5000人発症

ヘルス

2020/07/02 17:00

 顔面神経麻痺とは、表情筋が動かなくなり、顔面が動かなくなる病気だ。脳のなかの顔面神経の本体である顔面神経核から伸びている、表情筋の経路のどこかが障害され、表情筋を動かす信号が入ってこなくなることで起きる。痛みを伴うケースはほとんどないが、表情が変になったり、目が閉じなくなったり、うまく話せなかったり、極めてQOL(生活の質)が悪い。そんな病気への対処法を専門医に聞いた。

あわせて読みたい

  • ももクロ佐々木彩夏が患った「末梢性顔面神経麻痺」 過労やストレスの影響は? 専門医が答えた

    ももクロ佐々木彩夏が患った「末梢性顔面神経麻痺」 過労やストレスの影響は? 専門医が答えた

    dot.

    7/31

    顔の半分が麻痺(まひ)! 現役医師が顔面神経麻痺を経験して初めてわかった「患者さんの気持ち」
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    顔の半分が麻痺(まひ)! 現役医師が顔面神経麻痺を経験して初めてわかった「患者さんの気持ち」

    dot.

    9/27

  • ある日、突然、顔面に強烈な痛み 「三叉神経痛」は加齢によって誰でも発症

    ある日、突然、顔面に強烈な痛み 「三叉神経痛」は加齢によって誰でも発症

    dot.

    7/3

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    週刊朝日

    1/25

  • 脳出血が原因で高まる冬の突然死! 高血圧や糖尿病など生活習慣病でリスク増に

    脳出血が原因で高まる冬の突然死! 高血圧や糖尿病など生活習慣病でリスク増に

    dot.

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す