AKB、坂道系も失速気味 秋元康がかつてぼやいた自身の「黒歴史」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB、坂道系も失速気味 秋元康がかつてぼやいた自身の「黒歴史」

このエントリーをはてなブックマークに追加
宝泉薫dot.#宝泉薫
作詞家の秋元康(C)朝日新聞社

作詞家の秋元康(C)朝日新聞社

 6月20日、ネットニュースにこんな見出しが躍った。

「秋元康の『すごい』黒歴史を告白」

 何かと思えば、タレントのYOUがラジオ「TOKYO SPEAKEASY」(6月9日放送・TOKYO FM)でこんな発言をしたという。

【写真】乃木坂46からの卒業を発表した白石麻衣の美しすぎるショットはこちら

「私、間違って19歳ぐらいのときに1回デビューしているんだけど、なんと『坂系の長』に(歌詞を)書いてもらったの。でも、全然売れなかった……。長のすごい『黒歴史』。このことは隠しておきたいことだったと思う。だって、まったく『汚点ゼロ』な感じでやっているじゃん? あとで長に怒られる(笑)」

 坂系の長、とは、乃木坂46などのプロデューサー・秋元康のことだ。そして、若き日の彼女が書いてもらったのは「ちょっとだけ」(1985年2月21日発売)という曲。彼女がアイドル「江原由希子」として歌手デビューを飾った記念すべきシングルのA面である。

 ただ、個人的に意外だったのは、YOUが自分からこの話をしたことだ。というのも、彼女は88年結成のバンド「FAIRCHILD」のボーカルとしてブレークを果たしたが、それ以前のアイドル時代については「なかったこと」のようにしてきた。つまり、これはむしろ彼女にとっての黒歴史なのだ。

 では、秋元にとってどうかといえば、それほどの黒歴史でもないだろう。なぜなら、どんなに優秀な職業作家であってもヒット曲を生む率は、野球の好打者より低い。せいぜい、1~2割というところだ。その点、彼は82年に「ドラマティック・レイン」(稲垣潤一)83年に「GOOD-BYE青春」(長渕剛)を大ヒットさせ、84年からは菊池桃子やとんねるずでも当てていた。

 しかも「ちょっとだけ」の発売から6日後に発売された「卒業-GRADUATION-」では、菊池桃子に初のオリコン1位を取らせている。また「ちょっとだけ」の発売2日後には スタッフとして関わった「オールナイトフジ女子高生スペシャル」(フジテレビ系)が放送された。これは85年4月にスタートする「夕やけニャンニャン」のパイロット版であり、そこからオリコン1位は当たり前というおニャン子クラブが誕生するわけだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい