手越祐也 ジャニーズ退所会見【全文(10 )】 「退所の原因はジャニーズ事務所とのスピード感の違い」 (1/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手越祐也 ジャニーズ退所会見【全文(10 )】 「退所の原因はジャニーズ事務所とのスピード感の違い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.
高野弁護士と質問に答える手越(撮影/写真部・松永卓也)

高野弁護士と質問に答える手越(撮影/写真部・松永卓也)

報道陣からのリスクエストで「テイ!」のポーズを決める手越(撮影/写真部・松永卓也)

報道陣からのリスクエストで「テイ!」のポーズを決める手越(撮影/写真部・松永卓也)

 ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が23日、東京都内で記者会見を開き、今後の活動について発表した。【全文(9 )】 「滝沢君と対立なんて一切ないし」に引き続き、会見の一問一答を掲載する。

【写真】ジャニーズ退所後も人気なのはこの人

*  *  *
――ここまでの話を聞いていると、ジャニーズ事務所が好きで、NEWSも好き、ファンも好き。そして今後やりたいことは引き続き歌って踊ってステージに立ち続けたい。なぜ事務所を辞めなければいけないのかがわからない。

手越:先ほど話した夢のなかにもいろいろあったと思うんですけど、自分がまずメディアを持つ。僕が独立した後に目標に掲げているのが、影響力を最大化するというところが一つなんですね。今の時代において、SNSというのは影響力や発信力において切っても切り離せないと思っていて。でもジャニーズ事務所にはジャニーズ事務所のやり方があると思うので、やはり影響力をこれ以上持つためには、個人でいろいろなところに出て行って、勝負していって、いろいろなところに手越祐也という名前を刻んでいくしかないなという思いが一つ。  

 たとえば僕とつながりのあるミュージシャンの方々から、名前を出すと角が立つのであれですけど、日本の音楽を引っ張ってきた方々なんですけど、(彼らから)「僕らのフェスに出てほしい」とか、「ライブに出てほしい」とか、その時は手越祐也でゲストももらったし、「テゴマス」でゲストももらったんですけど、そういったときに、NEWSのライブがホームだとしたら、フェスとかってどちらかというとアウェー戦になるじゃないですか。アウェー戦で僕らのパフォーマンスをみてもらったほうが、NEWSに還元できるなというのが僕の思い。

 なので、そういうセッションだったり活動をたくさんして、NEWSに持ち帰れたらいいかなというので、当時のマネージャーに「こういうオファーをいただいたんですけどどうですか?」って言ったら、断ってしまったんですよね。超有名ミュージシャンからのオファーだったんですけど。ジャニーズ事務所って、自分の事務所のファンだったりとか、ジャニーズファミリーを大事にするので、飛び出した人とのコラボとか、僕はX JAPANに憧れていたのでToshiさんとはラジオでコラボさせてもらったんですけど、コラボとか、自分の頭のなかにあるファンとのディナーショーだったり、ファンミーティングというのは、全部通らなかったんですよ。全てにおいて。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい