2人目の逮捕者が出た「キッズライン」 それでも行政は「助成金」を支払い続けるのか

2020/06/20 10:00

 6月12日、ベビーシッターのマッチングアプリ大手「キッズライン」の登録シッターの男性(30)が強制わいせつ容疑で逮捕された。同社では今年4月にも別の男性シッター(29)が強制わいせつ容疑で逮捕されており、これで2人目の逮捕となる。同社は東京都の推進する「ベビーシッター利用支援事業」や、内閣府主導の「ベビーシッター派遣事業」の認定事業者となっており、キッズラインを使うと利用者は助成が受けられる。事件後も、この助成金は支払われ続けるのだろうか。

あわせて読みたい

  • わいせつ事件があった「キッズライン」でまた不祥事 経沢香保子社長の「涙の謝罪」は何だったのか

    わいせつ事件があった「キッズライン」でまた不祥事 経沢香保子社長の「涙の謝罪」は何だったのか

    dot.

    1/30

    シッターアプリ大手「キッズライン」で起きた ベビーシッター男児強制わいせつ事件の全容

    シッターアプリ大手「キッズライン」で起きた ベビーシッター男児強制わいせつ事件の全容

    dot.

    5/3

  • ベビーシッター、認可外保育、産後ケア…子育て支援は非課税でより使いやすく
    筆者の顔写真

    小泉正典

    ベビーシッター、認可外保育、産後ケア…子育て支援は非課税でより使いやすく

    dot.

    2/15

    小池都知事、異例の待機児童対策、問われるのはベビーシッターの質

    小池都知事、異例の待機児童対策、問われるのはベビーシッターの質

    AERA

    2/6

  • 突然のベビーシッター割引券終了 働く母たち悲鳴

    突然のベビーシッター割引券終了 働く母たち悲鳴

    AERA

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す