SNS誹謗中傷で注目の「発信者情報開示請求」 約350件請求した写真家の体験に学ぶ

2020/06/05 16:00

テレビ番組「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月末に亡くなったことで、匿名によるSNS上での誹謗中傷はあらためて問題視されている。被害者側ができる、ほぼ唯一の手段は「発信者情報開示請求」だが、「慣れれば自分でもできる」という。夜景写真家・岩崎拓哉さんは、インターネット上で公開した自分の夜景写真を頻繁に無断使用されていたため、「発信者情報開示請求」を武器に立ち上がった一人。そこから見える発信者情報開示請求の利点と課題は――。

あわせて読みたい

  • 写真の無断使用者との裁判バトル 本名vs匿名の闘いに「逆恨みされたら嫌だな…」

    写真の無断使用者との裁判バトル 本名vs匿名の闘いに「逆恨みされたら嫌だな…」

    dot.

    1/13

    クリエイターも注目!  SNS時代に著作権侵害から身を守る「実用本」

    クリエイターも注目!  SNS時代に著作権侵害から身を守る「実用本」

    dot.

    6/23

  • 【弁護士がアドバイス】SNSの誹謗中傷「匿名加害者の特定」に必要な手順

    【弁護士がアドバイス】SNSの誹謗中傷「匿名加害者の特定」に必要な手順

    dot.

    5/30

    「写真無断使用」を追及しているライターの写真が、まさかの無断使用されていた!

    「写真無断使用」を追及しているライターの写真が、まさかの無断使用されていた!

    dot.

    7/27

  • 「NAVERまとめ」写真無断使用 料金は支払われたが… LINE社に残る責任とは?

    「NAVERまとめ」写真無断使用 料金は支払われたが… LINE社に残る責任とは?

    アサヒカメラ

    7/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す