嵐の“活動休止延期”望む声に「CHA-CHA」元メンバー「活動延長は簡単なことではない」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

嵐の“活動休止延期”望む声に「CHA-CHA」元メンバー「活動延長は簡単なことではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.#新型コロナウイルス
きの・まさと/1968年12月2日生まれ。静岡県藤枝市出身。1988年に萩本欽一が司会を務めるテレビ番組「鉄きらリン530!!」の企画で結成されたアイドルグループ「CHA-CHA」(前身は茶々隊)で2年活動。その後、パフォーマンスを磨くため90年にジャニーズ事務所を退所し、単身渡米した。93年に帰国し、現在は自身の地元・藤枝市でダンスパフォーマー兼振付師として活動。主に田原俊彦の振り付けを担当している。

きの・まさと/1968年12月2日生まれ。静岡県藤枝市出身。1988年に萩本欽一が司会を務めるテレビ番組「鉄きらリン530!!」の企画で結成されたアイドルグループ「CHA-CHA」(前身は茶々隊)で2年活動。その後、パフォーマンスを磨くため90年にジャニーズ事務所を退所し、単身渡米した。93年に帰国し、現在は自身の地元・藤枝市でダンスパフォーマー兼振付師として活動。主に田原俊彦の振り付けを担当している。

『CHA-CHA』に所属していた当時の20歳ごろの木野正人(本人提供)現在の木野正人公式サイトはこちらから

『CHA-CHA』に所属していた当時の20歳ごろの木野正人(本人提供)現在の木野正人公式サイトはこちらから

『CHA-CHA』に所属していた当時の20歳ごろの木野正人(本人提供)

『CHA-CHA』に所属していた当時の20歳ごろの木野正人(本人提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大をうけ、いわゆる“3密”を避けようと、自粛の波が広がっている。それはアイドルたちにとっても同じだ。

【写真】かっこよすぎる!ジャニーズ時代の木野正人はこちら

 ジャニーズ事務所は4月14日、5月15~16日に新国立競技場で開催予定だった「アラフェス 2020 at NATIONAL STADIUM」の延期を発表した。同時に、他のグループも含めて5月31日までの公演の中止、延期も決めている。

 嵐といえば2019年1月、ファンクラブサイトで「2020年末でのグループの活動休止」を発表している。ライブ活動などが大幅に制限される現状を踏まえ、ファンの間では嵐の“活動休止の延期”を望む声も出始めている。ツイッター上では、「嵐の活動休止も延期になりませんかね」「あなた達の優しい笑顔がもっと見たいです」などの声があがっている。

 一方で同じ嵐のファンでも、休止の延期を望む声に対して、否定的な意見も目立つ。

「嵐みんなにも、それぞれの人生があって、みんな悩んで結論出して、この一年を全力で走ってる!!休ませてあげて欲しい!!」「やめてくれよ!嵐がどれだけの覚悟をもって休止を決めたか」「どんな思いで彼らが活動休止の結論を出したと思ってんの。」(ツイッターより)

 “否定派”の意見も「メンバーが出した結論を尊重しよう」と嵐を思うがゆえの考えなのだろう。1990年までジャニーズ事務所に所属し、アイドルグループ「CHA-CHA」の元メンバーである木野正人(51)も、「気持ちを整理するのは簡単ではない」と嵐の5人の心中を推し量る。

「もちろん嵐の5人が納得したうえで活動を延長できるなら、それにこしたことはないよね。でも、一度決めたゴールを先延ばしすることに、メンバーが『気持ちの整理がつかない』可能性もあると思う。彼らはアーティストだから、自分の気持ちに嘘をついて活動を続けてもよいものは生まれない。それは今までファンが応援してきた“嵐”とは別の何かになってしまうから。それではファンも喜べないし、彼らもプロだからこそ、そこは妥協できないと思う」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい