どんなに科学が発達しても「タイムマシン」を絶対に作れない理由 <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>

子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます

子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます

2020/04/11 16:00

 タイムトラベルを単なるファンタジーとして軽んじてはいけません。大きな価値があります。現に、たとえば野球チームの監督が「ピッチャーの◯◯は過去にどんなボールを投げていたかな」と「過去の世界」のことを思い出して分析すれば、「未来の世界」にヒットを打つ可能性を上げることもできます。現実の“物”の世界には繰り返しのパターンが多いので、「経験を生かす」「学習する」といった点から考えると、タイムトラベルはしばしば有効に働きます。

 過去を描いた歴史小説を読んだり未来を予測したSF映画を見たりと、タイムトラベルを楽しみましょう。それは、個人の人生を豊かにするだけでなく、人類の未来社会を良くする手がかりにもなるのです。

【今回の結論】あらゆる機械は、変化する「現実の“物”の世界」の中に存在しているので、「過去や未来の世界」に行くタイムマシンは原理的に製作できない。しかし、「過去や未来の世界」を想像するタイムトラベルは可能であって、これは人類にとって大きな価値がある。

石川幹人

石川幹人

石川幹人(いしかわ・まさと)/明治大学情報コミュニケーション学部教授、博士(工学)。東京工業大学理学部応用物理学科卒。パナソニックで映像情報システムの設計開発を手掛け、新世代コンピュータ技術開発機構で人工知能研究に従事。専門は認知情報論及び科学基礎論。2013年に国際生命情報科学会賞、15年に科学技術社会論学会実践賞などを受賞。「嵐のワクワク学校」などのイベント講師、『サイエンスZERO』(NHK)、『たけしのTVタックル』(テレビ朝日)ほか数多くのテレビやラジオ番組に出演。著書多数

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2 3

あわせて読みたい

  • ウイルスから身を守るために人間がわざと“誤解”していることとは? <子どもの疑問に学者が本気で答えます 番外編>
    筆者の顔写真

    石川幹人

    ウイルスから身を守るために人間がわざと“誤解”していることとは? <子どもの疑問に学者が本気で答えます 番外編>

    dot.

    5/2

    大沢在昌史上“最高のSF度” 女性刑事が並行社会で謎に迫る『帰去来』

    大沢在昌史上“最高のSF度” 女性刑事が並行社会で謎に迫る『帰去来』

    週刊朝日

    1/26

  • Czecho No Republic×SKY-HI「タイムトラベリング」MVフルVer.公開

    Czecho No Republic×SKY-HI「タイムトラベリング」MVフルVer.公開

    Billboard JAPAN

    10/3

    Perfumeの新作は“未来”をつかんだ進化形!
    筆者の顔写真

    小倉エージ

    Perfumeの新作は“未来”をつかんだ進化形!

    週刊朝日

    8/31

  • 森絵都×YOASOBI 物語と出会った奇跡「運命的なものを感じました」

    森絵都×YOASOBI 物語と出会った奇跡「運命的なものを感じました」

    AERA

    5/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す