“玄界灘”のひとの意見が仕事でもっとも参考になる? 目からうろこの理由とは 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“玄界灘”のひとの意見が仕事でもっとも参考になる? 目からうろこの理由とは

連載「人生は「手」で変わる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数(撮影/写真部・片山菜緒子)

※写真はイメージです(Gettyimages)

※写真はイメージです(Gettyimages)

 人生はみずからの手で切りひらける。そして、つらいことは手放せる。美容部員からコーセー初の女性取締役に抜擢され、85歳の現在も現役経営者として活躍し続ける伝説のヘア&メイクアップアーティスト・小林照子さんの著書『人生は、「手」で変わる』からの本連載。今回は、仕事で自分の企画や意見に反対ばかりされて心が折れそうになっているひとへのメッセージです。

*  *  *
 世の中にはいろいろな仕事がありますが、最初はやはり「こんなものをつくりたい」という企画書から始まりませんか? でもひとつの企画がなにごともなくスムーズに実現することなど、まずないでしょう。

「反対派」は、いて当たり前なのです。重箱のすみをつつくように、企画内容に文句をつけてくるひとはいくらでもいます。

「本当にこんなので、結果出せるの?」

 直属の上司が、他部署の人間が、取締役が、社長が言ってくる。そこで結果を出せなかったら、誰も評価してくれない。だからそこには「やっぱり企画をやめる理由」はいっぱいあります。

 でもそんなところで自分の企画を引っ込めたり、反対派のひとたちから言われた通りに企画内容をまるまる変えてしまう、というのは「成功しないひと」のやり方です。

 少し反対意見を言われたからといって「すみません、おっしゃる通りに変えさせていただきます」とへりくだるようでは、そもそも「成功」に結び付くわけがないのです。

 反対派には、よく「限界」という言葉を使うひともいます。

「ええっ!? 限界だよ!」
「無理無理、限界だって」
「限界なんだよ、わかってくれよ」

 私はそういうひとたちを、九州の玄界灘になぞらえて“限界灘の男”“限界灘の女”と呼んでいました。もちろん自分の心の中で、ですよ。

「あなたの言う通りのことをやろうと思ったら、商品の処方を全部変えないといけなくなるんですよ。我々はすでに限界までやっていますからね」
「こんなスケジュールで間に合うわけないでしょ。こっちはもう限界なんだって」

 きた、きた、きた、きた。限界灘に飲まれてなるものか。

 そこで相手に押し切られてもいけない。かといって、こちらが強硬な態度をとっても、よい結果にはたどりつきません。反対派を敵に回したところで、いいことなど何ひとつないのです。

 そんなときは手の平で転がすぐらいの気分、「柳に風」で、「そうかなあ」と、まずはかわすことが一番です。そして誰よりも強力に反対する相手に、私は「なぜだめなのかを教えてください」と言って、相手の反対理由を聞くことにしています。

 強力な反対者こそ、強い信念を持っているので、一番参考になるのです。

【しなやかに生きる知恵】
「もう限界だ」を連呼する“限界灘の男”や“限界灘の女”はまずは「かわす」こと


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

小林照子

小林照子(こばやし・てるこ)/美容研究家。ヘア&メイクアップアーティスト。1935年、東京都生まれ。東京高等美容学院を卒業後、小林コーセー(現・コーセー)に美容部員として入社。数々の大ヒット商品を手掛け、85年、同社初の女性取締役に就任。その後独立・起業し、美容ビジネスの企業経営や後進を育てる学校運営をおこなっている。『人生は、「手」で変わる。』(朝日新聞出版)、『これはしない、あれはする』(サンマーク出版)、『小林照子流 ハッピーシニアメイク』(河出書房新社)ほか著書多数

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい