切らずに治す「がん放射線治療」の進化 高精度照射で手術に負けない成績が可能に!

いい病院2020

2020/04/01 17:00

 がんの3大治療のひとつ、放射線治療の強みは、痛くないうえに、機能と形態が温存できることだ。しかも近年、高精度照射が可能になり、治療成績が向上。手術と同じように根治性が高まったがん種も出てきている。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、日本放射線腫瘍学会の協力のもと、放射線治療の「現在」を取材した。

あわせて読みたい

  • 放射線治療が効きやすいのはどの「がん」? 専門医に聞く

    放射線治療が効きやすいのはどの「がん」? 専門医に聞く

    dot.

    5/28

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    dot.

    6/8

  • がんを狙い撃ちするスナイパー登場

    がんを狙い撃ちするスナイパー登場

    AERA

    7/4

    ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    ウイルスが原因で起こる「咽頭がん」も! 専門医に聞いた最新動向

    dot.

    10/16

  • 進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    進化する「前立腺がん」の放射線治療 合併症リスク軽減で効果増!

    週刊朝日

    4/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す