「カッコいい女」から「痛々しい」へ? 篠原涼子の気になる現在地 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「カッコいい女」から「痛々しい」へ? 篠原涼子の気になる現在地

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.
夫は俳優の市村正親。篠原涼子 (C)朝日新聞社

夫は俳優の市村正親。篠原涼子 (C)朝日新聞社

 篠原涼子(46)が主演を務め、4月15日からスタートするドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)。篠原演じる一匹狼のスーパー派遣社員・大前春子の活躍を描いた作品の新シリーズで、前作は2007年に放送され平均視聴率20%を記録。人気ドラマの続編ということもあり注目が集まっている。

【篠原涼子の「華麗なる芸能界ママ友相関図」最強メンバーは?】

 まさに篠原の代表作と言っても過言ではない同作だが、篠原といえば他にもドラマ「アンフェア」(フジテレビ系)や「anego」(日本テレビ系)など、強くてデキる女性を演じ続けてきた。そんな彼女に対し、「カッコイイ女性」「オトナ女子」というイメージを持っている視聴者は多いだろう。しかし、近ごろSNS上でネガティブな声がちらほら聞こえてくるようだ。

 昨年6月に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では自ら匂いフェチであること告白。特に男性のもみあげや生え際の匂いが好きで、TOKIOのメンバー全員の耳の裏の匂いを嗅ぎ、それぞれどんな匂いか説明していたのだが、SNS上では「自分のことをいい女だと思ってるんだろうな」「20代の俳優にやったらセクハラ」など、厳しい意見もあった。

「昨年、映画の試写会に出席した際、『母親の誕生日プレゼントは何がいいか?』という質問に、『美容系、健康グッズは大歓迎。あと、誰にも見せないけど下着』と返答。これにも、ネッ上では若い層から『母親に下着あげようと思わない』『母親の下着とか買いたくない』と冷めた声が。篠原さんもアラフィフに差し掛かかり、いい女風の言動がしっくりこなくなったという視聴者が増えているようです」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 さらに、“ぶりっ子”な態度にも引いてしまう人もいるようだ。

「昨年放送された『さんまのまんま』(フジテレビ系)では、手料理を披露する際、エプロンが一人で着られず、猫なで声でさんまに甘えていました。同番組で篠原がエプロンを着るのは定番ネタなのですが、そんなぶりっ子も視聴者によっては『痛い』と感じてしまうのでしょう」(同)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい