ローマ字から名字を付けた 改名効果で伊藤健太郎が大爆発! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ローマ字から名字を付けた 改名効果で伊藤健太郎が大爆発!

このエントリーをはてなブックマークに追加
高梨歩dot.
今年大注目の伊藤健太郎 (C)朝日新聞社

今年大注目の伊藤健太郎 (C)朝日新聞社

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」でヒロイン・戸田恵梨香の息子役を演じ、その好青年ぶりが話題となっているのが伊藤健太郎(22)だ。素直で明るいうえ、いろいろな人に気遣いのできるやさしい青年役とあり、SNS上では「いい子すぎて泣ける」「どうやったらあんないい子に育つの~!」などの声があがっている。

【写真】こちらは「平成のカンチ」織田裕二

 こうした中、バブル期に放送されたトレンディドラマの金字塔「東京ラブストーリー」の現代版リメイクがフジテレビオンデマンドなどで今春の放送が決定し、織田裕二が演じた「カンチ」こと永尾完治役に伊藤が抜擢されたのだ。朝ドラで演じた好青年とはまた違った、素直で優しいカンチをどう演じるのか、ファンの間では期待が高まっている。

 伊藤と言えば、昨年注目を集めたドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ)のツッパリ役で大ブレイク。いい意味でバカバカしい展開で小学生からの支持も高かった同ドラマ。親子で楽しめるということもあって、コケるのではないかという下馬評を覆し、今夏には映画化されるほど好評を博した。

「このドラマで伊藤さんが演じたのは、主人公の相棒・伊藤真司という人物。自分と同名の『伊藤』という役に強い運命を感じたと伊藤さんは話しています。実は、彼がモデルを始めたときの芸名は『kentaro』というローマ字表記でした。その後、漢字表記の『健太郎』として活動を続けていたのですが、役者を始めてからは漠然と『いつかは名字をつけないと』と思っていたと語っています。20才を迎え、役者として生きていきたいと強く感じていたときに、伊藤役が回ってきた。そんな出会いにも背中を押され、本名である『伊藤健太郎』に改名をしたそうです」(テレビ情報誌の編集者)

■朝ドラのためにピアスを断念

 2月21日放送の「あさイチ」(NHK)に出演した際は、9歳離れた実姉との「朝ドラ秘話」が明かされ、SNSを賑わせた。中学生の頃、周囲がピアスを開け始めたので、自分も開けたくなったという伊藤。しかし、姉から「将来、もし朝ドラに出るときそれが不利になるからやめて」という主旨のことを言われたと振り返っていた。このエピソードには姉弟愛に感動する声が多くあがっていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい