「気にするな」と言うアホに腹が立つ <アホから解放される相談室> (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「気にするな」と言うアホに腹が立つ <アホから解放される相談室>

連載「アホから解放される相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村耕太郎さん

田村耕太郎さん

ついつい気にしてしまう自分。どうやったら変われるの?

ついつい気にしてしまう自分。どうやったら変われるの?

「アホとは戦うな。時間の無駄である」と提唱する、元政治家であり、現在はシンガポール・リークアンユー政治大学院で教鞭を執る田村耕太郎さん。しかし、シリーズ75万部を突破した著書『頭に来てもアホとは戦うな!』の読者からは、「それでも戦ってしまう……」と多くの悩みの声が寄せられているという。

 日々の仕事・暮らしの中で「アホ」に悩んでいるあなたに、ちょっとでも気持ちが楽になるヒントを田村さんが提案する連載「アホから解放される相談室」。今回は「『気にするな』と言われても気にしてしまう」ことについて。

*  *  *
【相談】
 私はとても考え込んでしまう人間です。

 人間関係で悩むこともあり、人に相談したり、本を読んだりして解決しようとするのですが、必ず言われるるのが、「気にするな」ということです。

 相手や本の著者が優しさでこうした言葉を伝えてくれていることはとてもよく理解出来ます。

 けれど「気にしない」ということができないからこそ、勇気を出して相談したり、本を買っているのです。

 そこでこのセリフが出てくると、絶望します。

「気にしない」ためには、どんなことをしたらいいのでしょうか。

■開き直るために、徹底的に苦しむのもアリ

 まさに「ポイント」を突くようなご質問ですね。

 おっしゃるとおり、「気になること」を「気にしない」ことができないから、人は苦しむわけです。

「気になることを気にしない」には、経験や技術や時間が必要だと思います。

 一番の即効薬は、ほかのことに打ち込むことでしょう。

「気になること」を「気にしている」と一日中考えてしまいます。しかも「堂々巡り」のように、同じ思考がくるくる巡るだけで問題解決につながるような答えが生まれるわけではありません。

 一番の解決策として、まずは身体を動かすことだと思います。

 ケガをしない程度にエクササイズをして体をいじめて、脳にたくさんの血液を送り込み、心を空にさせるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい