スポーツトレーナーに国家資格なし 「誰でも名乗れる」って本当? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スポーツトレーナーに国家資格なし 「誰でも名乗れる」って本当?

連載「スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男dot.#ヘルス#病気#病院
松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 最近、有名スポーツ選手のトレーニングを指導する「スポーツトレーナー」が、テレビ番組や雑誌などで取り上げられています。または、芸能人などが個人的に「スポーツトレーナー」に指導を受け、からだを鍛えたり美しいボディーラインづくりをしたりしているのをみて、興味を持つ人も増えているようです。そんな注目を集める「スポーツトレーナー」とは、いったいどんな職業で、どうやったらなれるのかについて、日本臨床スポーツ医学会理事長の松本秀男医師に聞いてみました。

*  *  *
「スポーツトレーナー」とは、スポーツ選手が最高のコンディションで競技ができるよう、トレーニングとコンディショニングを指導する専門職です。選手に合った最適なトレーニングの指導やメニューの作成、健康管理、けが予防のほか、競技後の疲労回復のケア、競技中の応急処置、選手がけがから復帰した後のリハビリサポートなどを担当しています。

 そのため、スポーツトレーナーには、トレーニング理論や人体の構造、機能についての医学的な知識、応急処置の技術などを基本とする、さまざまな知識と経験が必要となります。しかし、現在のところ日本では「トレーナー」という国家資格はありません。極端に言えば、「私はトレーナーです」と言えば誰もが「トレーナー」と名乗ることができるのです。

 日本にいるスポーツトレーナーは、いったいどんなところで活躍しているのでしょうか。所属先には、プロ野球やJリーグなどのプロスポーツチーム、社会人の実業団チーム、各種競技団体、大学などのアマチュアチームを始め、フィットネスクラブやスポーツクラブ、医療機関などがあります。またパーソナルトレーナーとして、個人との間で契約をしているトレーナーもいます。トレーニング指導の対象は、アスリートだけに限らず一般の人も含めて幅広い層にわたり、スポーツ種目もさまざまです。

 スポーツトレーナーは、それぞれの専門性によって、「アスレティックトレーナー」「メディカルトレーナー」「コンディショニングトレーナー」「ストレングストレーナー」「フィットネストレーナー」など、いくつかの違った呼び名で呼ばれることがあります。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい