不倫認めた鈴木杏樹“略奪愛”ではなく“純愛”のつもりだった? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

不倫認めた鈴木杏樹“略奪愛”ではなく“純愛”のつもりだった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮本エミdot.
驚きの不倫報道だった鈴木杏樹 (C)朝日新聞社

驚きの不倫報道だった鈴木杏樹 (C)朝日新聞社

 今度は“熟年清純派”女優・鈴木杏樹(50 )の不倫だ。

【写真】東出昌大の危なさを語っていた唐田えりか

 鈴木が、元宝塚トップスターで女優の貴城けい(45)を妻に持つ劇団新派の看板俳優・喜多村緑郎(51)と不倫関係にあることを「週刊文春」(2月6日発売)が報じた。

 記事によれば、2人は昨年10月の舞台での共演をきっかけに出会い、今年1月に千葉の海岸でデートする様子が掲載され、人目をはばからずキスやハグを繰り返したのちにラブホテルへと消えていったという。

 6日には双方が事実関係を認めるコメントを発表したが、鈴木の言葉尻を捉えて一部で疑問の声があがった。

 鈴木は「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆さまにご迷惑をお掛けすることのないよう慎みます」と謝罪したが、喜多村が『妻とは別れる』という不倫男性の常套句を言っていたことを明かしたのだ。

 一方の喜多村も「今回、鈴木杏樹さんとわたくしに関して報道されている内容は事実です」と認め、「今回の出来事は全てわたくしの責任です。今後は、もう一度一から自分を深く見つめ直します。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

「鈴木のコメントは『先方の夫婦関係が破綻していると聞いていたから交際を始めた』というニュアンスで、『だから、略奪するつもりはなかったんです』という言い訳のようにも読み取れてしまう」

 こう話すのはテレビ局関係者。
 
 鈴木は1998年に外科医と結婚したが、2013年に死別。喜多村は13年に女優の貴城けいと結婚している。

「鈴木はドラマ『あすなろ白書』(93年)で演じたクールビューティの才女・東山星香のイメージが根強く、その後も清楚で上品な奥ゆかしい女優として人気を博してきました。また夫が亡くなった日も気丈に生放送に出演していたことで、健気な未亡人というイメージも加わり、最近ではドラマ『相棒』での女将さんの印象が強かったですからね。ある意味、不倫とは真逆にいる人と思われていたのかもしれません」(スポーツ紙記者)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい