医師の反対を押し切ってプレーを続けるスポーツ選手 「ドクターストップ」はどこまで強制力がある? (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

医師の反対を押し切ってプレーを続けるスポーツ選手 「ドクターストップ」はどこまで強制力がある?

連載「スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男dot.#ヘルス#病気#病院
松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 けがや障害を抱えたスポーツ選手が、「選手生命にかかわる」と医師に反対されても、それを押し切って大事な試合に臨む……。マンガやドラマで、よく描かれるシチュエーションです。実際、競技中、もし選手の身に危険が及べば、会場にいるドクターが「ドクターストップ」をかけて競技の続行をやめさせます。では、それが選手の意向に反した場合にはどこまでの強制力があるのでしょうか。そんな疑問に、日本臨床スポーツ医学会理事長の松本秀男医師に答えてもらいます。

*  *  *
 試合や大会などのスポーツ競技の現場では、極限までトレーニングを積み重ねてきた選手たちが、頂点を目指して全力で戦っています。そんな大舞台で、選手自身の大事な「命」はもちろん、現役選手の「選手生命」を守ることは、試合会場にいる「会場ドクター」に課せられた重要な使命です。

 会場ドクターは、ラグビーではマッチドクター、ボクシングではリングドクターなどとも呼ばれます。会場ドクターは、選手たちがどんな状況でけがをしたかを把握できるように、試合をすぐそばで観戦しています。もし、選手がけがにより出血したり、転倒や接触により強く頭を打ったりすれば、会場ドクターが試合の一時中断を要請して、選手の試合続行が可能かどうかを判断します。

 なかでも、脳しんとうや脱水による意識障害は、とても危険な兆候です。例えばラグビーでは、ビデオ判定システムも導入されて、会場ドクターが脳しんとうを起こしている選手をすぐにプレーから離れさせて診断していることは、すでに以前の連載で紹介したとおりです(2019/09/23配信)。

 ラグビーのほかに、その場で重要な医学的判断が必要なスポーツといえば、ボクシングが思い浮かぶでしょう。ボクシングの試合を見ていると,目の上が切れて出血した選手が、ドクターチェックを受けるために試合が中断される場面がよく見られます。このときリングに上がっている医師が、リングサイドに控えていたリングドクターです。リングドクターは、パンチによるけがの重症度や脳に異常がないかどうかを診断し、ドクターストップを要するかの判断をします。万が一、脳に急性硬膜外血腫などの損傷があれば、すぐに病院で治療しないと選手が死亡する危険もあるのです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい