追い詰められる「イクメン」たち 給与は新入社員並み、立ち話もNG…“宿命”の裏にある苦悩とは?

仕事

2019/12/30 17:00

「平成」から「令和」へと改元した2019年も、もうすぐ終わる。朝日新聞取材班が出版した『平成家族 理想と現実の狭間で揺れる人たち』(朝日新聞出版)には、昭和の慣習・制度と新たな価値観の狭間でもがく家族の姿が描かれている。平成になって共働きが当たり前となり、男性・女性問わず、積極的な育児参加が欠かせなくなった。「イクメン」「女性活躍」が推奨される一方で、「男が家計を担う」とする旧態依然の意識も根強い。「令和」になっても引き継がれる、家族をめぐる課題。その一端を本書から紹介する。(肩書・年齢は取材時のものです)

あわせて読みたい

  • 「日頃から恐妻ぶりアピール」が育休取得テクニック?

    「日頃から恐妻ぶりアピール」が育休取得テクニック?

    AERA

    11/28

    育休復帰まで1カ月 ワーママがしておくべき20のこと

    育休復帰まで1カ月 ワーママがしておくべき20のこと

    AERA

    3/10

  • 長時間労働にパタハラ 男性の家庭進出を阻む壁

    長時間労働にパタハラ 男性の家庭進出を阻む壁

    AERA

    5/23

    議員会館内保育所に夜間保育園… 働く母の「最後の砦」に見る現実とは

    議員会館内保育所に夜間保育園… 働く母の「最後の砦」に見る現実とは

    AERA

    9/16

  • 上司に育休相談したら「昔なら銃殺刑だぞ」

    上司に育休相談したら「昔なら銃殺刑だぞ」

    AERA

    11/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す