球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【セ・リーグ編】

2019/11/10 17:00

 投手分業制が確立された令和の時代、絶対的守護神の存在はチームの成績に直結するものとなっている。そして、リリーフの存在感が高まったのが平成の時代だった。DH制がないセ・リーグでは、投手が代打起用で降板するケースが多いため、パ・リーグと比較して歴史的な絶対的守護神の数が多いようだ。

あわせて読みたい

  • 球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【パ・リーグ編】

    球団別『平成の絶対的守護神』は誰だ?【パ・リーグ編】

    dot.

    11/11

    巨人の新人ストッパー・大勢は「巨人の絶対的守護神」になれるのか 「守護神あるところに覇権あり」

    巨人の新人ストッパー・大勢は「巨人の絶対的守護神」になれるのか 「守護神あるところに覇権あり」

    dot.

    4/14

  • 巨人大勢、広島栗林はどうなる 新人から抑え務めた投手は“短命”に終わるケースも

    巨人大勢、広島栗林はどうなる 新人から抑え務めた投手は“短命”に終わるケースも

    dot.

    6/15

    サファテが年間最多セーブ新記録…球史に残る「抑え投手」をプレーバック!

    サファテが年間最多セーブ新記録…球史に残る「抑え投手」をプレーバック!

    dot.

    9/6

  • 異常なほどの成功率? 阪神の「優良助っ人リリーバー」獲得は今やお家芸だ

    異常なほどの成功率? 阪神の「優良助っ人リリーバー」獲得は今やお家芸だ

    dot.

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す