パ・リーグの「勝ち組」「負け組」はどこだ?【2019ドラフト採点簿】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

パ・リーグの「勝ち組」「負け組」はどこだ?【2019ドラフト採点簿】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
ロッテが交渉権を獲得した佐々木朗希 (c)朝日新聞社

ロッテが交渉権を獲得した佐々木朗希 (c)朝日新聞社

 10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議。佐々木朗希(大船渡)に4球団、奥川恭伸(星稜)と石川昂弥(東邦)に3球団が1位指名するなど、今年も高校生に人気が集中する結果となった。支配下で74人、育成枠で33人の合計107人が指名されたが、的確な補強だったのかを基準に12球団の指名を採点した。今回はパ・リーグ編をお送りする。

■ロッテ:95点

1位 佐々木朗希(大船渡・投手)
2位 佐藤都志也(東洋大・捕手)
3位 高部瑛斗(国士舘大・外野手)
4位 横山陸人(専大松戸・投手)
5位 福田光輝(法政大・内野手)
育成1位 本前郁也(北翔大・投手)
育成2位 植田将太(慶応大・捕手)

 過去数年で続けて高校卒の大物野手を獲得し、投手陣も高校卒の本格派が育ってきたタイミングで佐々木を獲得できたということにチームの勢いを感じる。目玉選手の指名実績がないことも懸念する声もあるが、若手投手が育っていること、理論派の吉井理人コーチの存在など佐々木にとってプラスの面も多い。補強ポイントだった捕手と外野手も2位の佐藤、3位の高部と大学球界を代表する野手二人を獲得。この3人だけで満点近い得点をつけられるだろう。既存の選手を含めて左打者に偏っているということ以外は、特に問題を感じない素晴らしい指名だった。

■西武:85点

1位 宮川哲(東芝・投手)
2位 浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ・投手)
3位 松岡洸希(BCL武蔵・投手)
4位 川野涼多(九州学院・内野手)
5位 柘植世那(Honda鈴鹿・捕手)
6位 井上広輝(日大三・投手)
7位 上間永遠(四国IL徳島・投手)
8位 岸潤一郎(四国IL徳島・外野手)
育成1位 出井敏博(神奈川大・投手)

 佐々木を外したが、宮川、浜屋と社会人の実力派二人を上位で指名できたことは大きなプラス材料。特に宮川はいきなりリリーフの中心になれるだけの力があり、一年目からフル回転が期待できる。投手ではもう一人、6位で指名した井上が面白い。故障歴からこの順位となったが、総合力は高校生全体でも上位。将来の主戦として期待できる。手薄な捕手も即戦力が期待できる柘植を獲得して底上げにも成功。4位の川野も走攻守三拍子揃ったショートで、源田壮亮の後釜として面白い。ただ現在のレギュラー、控えともに若手が少なく、秋山翔吾の流出の可能性を考えると、もう少し野手にも目を向けても良かったように感じた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい