「ひざの痛み」は体重を減らせば治る? 整形外科医の回答は (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ひざの痛み」は体重を減らせば治る? 整形外科医の回答は

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです(写真/Getty Images)

※写真はイメージです(写真/Getty Images)

 たまっている関節液の量が多い場合は、それだけで痛みの原因となるので、水を抜くこともあります。ただし炎症が続いていれば、またすぐに水がたまってしまうので、同時に関節内注射や服薬など炎症をおさえる治療もおこないます。運動療法も炎症を抑える効果があるので重要です。

Q:すり減ったひざの軟骨は再生しないって本当?
A:一度すり減った軟骨は再生しません

 加齢により関節の軟骨はすり減っていきますが、一度すり減った関節軟骨は再生しません。骨は血流があるため、骨折しても再び治癒しますが、関節軟骨には血流がなく、自然に再生しないのです。

 スポーツのけがによって軟骨が欠損した場合は、再生医療によって元に戻せる技術もありますが、変形性膝関節症ですり減った軟骨を再生する治療は現在のところ、実現していません。

 ただし軟骨を元には戻せなくても適切な治療によって痛みを和らげて、進行を予防することはできます。

(文/中寺暁子)

【監修】
帝京大学病院
整形外科教授 中川 匠医師

※週刊朝日ムック『首腰ひざのいい病院2020』から


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい