写真家が「過剰レタッチ」に喝! インスタ映えがもたらす不自然な風景写真

アサヒカメラ

2019/12/29 17:00

「インスタ映え」写真、見飽きました。この言葉が2017年の流行語大賞に選ばれてから2年。どこかで見たことがあるような写真ばかりが並び、写真家の方々からも、必ずと言っていいほど「レタッチしすぎ」という声があがります。「自然」を撮っているのに「不自然」に見える。

あわせて読みたい

  • 写真家のハナブサ・リュウが警鐘「コンテストでうんざりする『品がない』写真」

    写真家のハナブサ・リュウが警鐘「コンテストでうんざりする『品がない』写真」

    dot.

    3/20

    「自然にないものは足さない」 風景写真家・中西敏貴が語る写真加工の「線引き」

    「自然にないものは足さない」 風景写真家・中西敏貴が語る写真加工の「線引き」

    dot.

    3/7

  • 「合成はしません」人気写真家・高砂淳二さんが明かしたインスタ時代の哲学

    「合成はしません」人気写真家・高砂淳二さんが明かしたインスタ時代の哲学

    dot.

    2/22

    風景写真家・宮武健仁が問う「比較明合成は悪なのか」 

    風景写真家・宮武健仁が問う「比較明合成は悪なのか」 

    dot.

    3/8

  • 写真家・中藤毅彦が考える写真合成の「必然性」

    写真家・中藤毅彦が考える写真合成の「必然性」

    dot.

    3/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す