43日間の限定運行! SLとはひと味違う大井川鐵道の昭和レトロ鉄道とは (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

43日間の限定運行! SLとはひと味違う大井川鐵道の昭和レトロ鉄道とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
植村 誠dot.#鉄道
「ELかわね路号」運行ダイヤ

「ELかわね路号」運行ダイヤ

E10形電気機関車が旧型客車をけん引して走る(提供/大井川鐵道)

E10形電気機関車が旧型客車をけん引して走る(提供/大井川鐵道)

木製ボックスシートに網棚、開閉できる窓など懐かしさいっぱいの旧型客車(提供/大井川鐵道)

木製ボックスシートに網棚、開閉できる窓など懐かしさいっぱいの旧型客車(提供/大井川鐵道)

ELスイーツプランで堪能できる、「This Is Cafe」のパティシエがつくる特別メニュー「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」(提供/大井川鐵道)

ELスイーツプランで堪能できる、「This Is Cafe」のパティシエがつくる特別メニュー「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」(提供/大井川鐵道)

 大井川鐵道(静岡県島田市)が、昭和レトロ感満載の特別列車を2019年10月31日から運行する。同社は蒸気機関車が旧型客車を牽引(けんいん)するSL列車の運行などでも知られるが、今回登場するのは電気機関車が牽引する「ELかわね路号」。SL列車とはまたひと味違う列車の魅力を探ってみよう。

【懐かしさいっぱい!旧型客車の車内】

*  *  *
■製造70周年を生きる電気機関車が牽引!

 今回の「ELかわね路号」の運行は、同社大井川本線が1949年12月1日の電化から今年で70周年を迎えるのを記念したもの。大井川本線電化に際して製造・投入された直流電気機関車E10形(E101・E102)のほか、西武鉄道から移籍したE31形が先頭に立ち、「SL急行」でも活躍している1930~50年代に製造された旧型客車を牽引する。

 主力牽引機となるE10形の製造年からも想像できるように、「ELかわね路号」は大井川本線電化当時に時代をさかのぼる編成を実現するのが最大の見どころ。家山をはじめとする途中停車駅は、いずれも木造駅舎が現役で活躍しており、時代を飛び越えた編成とノスタルジックな駅舎とのコラボレーションにも注目したい。

 運転されるのは2019年10月31日から12月31日のうち、指定された43日間。大井川本線の新金谷~千頭間(37.2キロ)で、1日1往復が運行される予定だ。「急行」としての運転で、千頭発の列車は川根温泉笹間渡駅と家山駅に停車、新金谷発列車は全列車が家山に停車するほか、12月のみ下泉駅にも停車する(表/運行ダイヤ参照)。

 乗車には運賃のほかEL急行料金(500円、子ども250円)が必要。予約は大井川鐵道公式ホームページ内に申し込みフォームが設けられているほか電話でも受け付けている。なお、運転日当日に空席があれば当日券が発売される。

 また、15人以上のグループ向けイベントとして「ELスイーツプラン」も用意。12月2~28日の運転日の千頭発列車限定のプランで、走行中の車内で新金谷駅構内の「This Is Café」のパティシエによる特別メニュー「大井川鐵道ELオリジナルパフェ」が味わえる(要予約)。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい