宮崎・日向発のパンツがなぜNYコレクションに? リピーター続出の戦略とは

2019/08/16 17:00

 九州の地方都市、宮崎県日向市の熟練職人たちが縫い上げた男性向けパンツが9月、世界4大コレクションの一角であるニューヨークのファッション・ウィークの関連イベントに登場する。製造・販売元のTOOT(トゥート/本社・東京都港区)は「北米市場に本格進出するキックオフ」と位置づけ、新作をPRする動画づくりを進めている。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】宮崎・日向発の男性用パンツが熱い!

    【写真特集】宮崎・日向発の男性用パンツが熱い!

    8/16

    東大からマッキンゼーを経てなぜ「パンツ売り」になったのか?

    東大からマッキンゼーを経てなぜ「パンツ売り」になったのか?

    dot.

    9/26

  • 男性の自己肯定感が低いのはパンツのせい? 東大卒パンツ屋社長の野望

    男性の自己肯定感が低いのはパンツのせい? 東大卒パンツ屋社長の野望

    BOOKSTAND

    7/31

    中田英寿 つなぐ イタリア・伝統の技術

    中田英寿 つなぐ イタリア・伝統の技術

    7/6

  • 台風15号 宮崎県日向市付近に上陸

    台風15号 宮崎県日向市付近に上陸

    tenki.jp

    8/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す