名機NEC「PC-8001」復刻?に歓喜と悲報が同時に!? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

名機NEC「PC-8001」復刻?に歓喜と悲報が同時に!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
井上啓太dot.
「PasocomMini PC-8001」は手のひらにのるサイズ感だ

「PasocomMini PC-8001」は手のひらにのるサイズ感だ

実際のPC-8001

実際のPC-8001

 電機メーカー大手のNECが、「PC-8001」(1979年9月発売)を販売して40年となったことを記念し、同機種の復刻版を発表した。PC-8001は日本で初めて「パソコン」という名前が使われた製品。手のひらにのるミニサイズでの同モデルの復活に、ファンたちからは当時を懐かしむ声が上がっている。

【実際のPC-8001の写真はこちら】

 このミニ8001の開発はゲームソフトウェアを開発しているハル研究所によるもの。当時のPC-8001でのゲーム16本が収録されたSDカードが同梱され、各タイトルをプレイできる。キーボードの色や形状を忠実に再現し、モニターに接続して楽しめる。収録されたゲームタイトルは以下の通り。

●タイトル一覧
SPACE MOUSE/LUNAR CITY SOS!!/SNAKE WORLD/ASTEROID BELT/CHECK P./
PC-ジャン!/PARACHUTE/SUB-MARINE/SPACE SHIP/ROCKET BOMB/MARINE BELT/平安京エイリアン/JUPITER LANDER/モールアタック/オリオン80/走れ!スカイライン

 ちなみにファンにとっては悲報だが、ミニは一般販売はされないので注意が必要だ。同時に発表された500台限定のモバイルノートPC『PC-PM750NAA PC 40 th Anniversary Edition Premium Package』購入者へのセットとして提供するほか、同社の「LAVIE」シリーズPCを期間中(2019年8月6日の予約販売分から11月4日の購入分まで)に購入したなかから抽選で2000人にプレゼントする。

 この復刻版発表にはどのような狙いがあるのか。ITジャーナリストの河嶌太郎氏は次のように語る。

「『ミニファミコン』や『ミニスーファミ』の両機種の全世界累計出荷台数が1000万台を超える大ヒットとなり、こうしたハードウェアを復刻させることがトレンドとなっています。このタイミングで注目を集めようという狙いでしょう」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい