八村塁はルーキーイヤーから活躍できるか? 米メディアは「課題」指摘 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

八村塁はルーキーイヤーから活躍できるか? 米メディアは「課題」指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
田村一人dot.
ルーキーイヤーから活躍が期待される八村塁 (c)朝日新聞社

ルーキーイヤーから活躍が期待される八村塁 (c)朝日新聞社

 約1カ月前に起きた出来事は日本バスケットボール界、そしてスポーツ界にとっては衝撃的な快挙だった。

 現地時間6月20日(日本時間21日)にニューヨークで行われた世界最高峰のプロバスケットボールリーグ、NBAのドラフトで八村塁がワシントン・ウィザーズから1巡目(全体9位)で指名された。

【写真】NBA NIKE Tee 八村塁モデルにキッズサイズが新登場!

 日本人選手がNBAドラフトで1巡目指名を受けるのは史上初。八村はすでに若手の登竜門であるサマーリーグでプレーを“お披露目”済みだが、ドラフトでアダム・シルバー コミッショナーが「With the 9th pick in the 2019 NBA draft, the Washington Wizards select Rui Hachimura from Toyama, Japan」と発表し、鳥肌が立ったことは今でも忘れられない。

 NBAドラフトの1巡目で指名を受けるということがどれほどの偉業なのかは、このドラフト以降、各メディアで散々伝えられてきた。まず、男女合わせ約4億5,000万人といわれるバスケットボール競技者の中から毎年60名しか選ばれないということ、宇宙飛行士になるよりドラフト指名される確率は低いということ、9位指名だといきなり年俸が約4億円以上になるということなどなどーー。バスケットボールやNBAを良くご存知でない方でも、「とにかく凄いんだな」ということは理解したことだろう。

 ドラフトというと国内ではプロ野球のドラフト会議を連想させる。数字で9位は「9番目の指名」ということになるが、NBAドラフトでは、指名が重複した時のくじ引きなどがなく、順番に選手を指名していく完全ウェーバー制(詳細なシステムはここでは割愛させていただく)を導入しているので、プロ野球的に言えば「1位指名」ということなのだ。

 もちろん、日本バスケットボール界にとっても、八村の快挙は歴史的、おそらく今日現在の国内バスケットボール史上最高の出来事だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい