芸能人の薬物事件 そのたびに出てくる「芋づる式逮捕」は本当にあるのか (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芸能人の薬物事件 そのたびに出てくる「芋づる式逮捕」は本当にあるのか

連載「芸能界閻魔帳」

このエントリーをはてなブックマークに追加
三杉武dot.#三杉武
厚労省麻薬取締部を出る田口淳之介被告 (c)朝日新聞社

厚労省麻薬取締部を出る田口淳之介被告 (c)朝日新聞社

 さて、芸能人が薬物事犯で逮捕されると、かならずといっていいほどメディアの間で報じられるのが、いわゆる「芋づる式逮捕」を予想する記事である。

 今回の田口&小嶺の逮捕においても、小嶺が若い頃から東京・六本木、西麻布界隈で派手に遊んでいたという情報をもとに“六本木ルート”による芋づる式の逮捕を予測する記事が週刊誌の誌面やインターネット上などで散見されるが、その一方で、こうした記事に対して「今まで芋づる式の逮捕なんてなかっただろ!」といった否定的なコメントも多い。

 だが以前、懇意の麻取と情報交換をした際、このあたりの真偽を確認したところ……。

「ひとつひとつの逮捕は“点”に見えるかもしれませんが、基本的に捜査は “点”ではなく“線”で動いていますからね。捜査の過程や被疑者の取り調べでは当然、交友関係や入手ルートは洗いますし、傍目には関係ないように見えても2つの逮捕事案に関連性があることは多いと思います。ただ、薬物事犯に関しては逮捕の決定的な瞬間までに時間を要することもあり、結果的に“芋づる式”には見えにくいという側面はあるでしょうけど」とのこと。
 
 表層部分では関連性がなさそうな各々の逮捕劇も、地中の根っこの部分では繋がっているというケースも多々あるようだ。
 
 今年の下半期も“六本木ルート”や“横浜ルート”など、芸能人の違法薬物絡みの逮捕はもちろん、その関連性にも注視していきたい。(芸能評論家・三杉武)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

三杉武

三杉武(みすぎ・たけし)/大学を卒業後、スポーツ紙の記者を経てフリーに転身し、記者時代に培った独自のネットワークを活かして、芸能評論家として活動している。週刊誌やスポーツ紙、インターネットメディア、テレビ番組、ラジオ番組等で芸能ニュースや芸能事象の解説を行っているほか、スクープも手掛ける。「AKB48選抜総選挙」では、7年前から“論客(=公式評論家)”の一人として総選挙の予想および解説を担当。日本の芸能文化全般を研究する「JAPAN芸能カルチャー研究所」の代表も務めている

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい