14歳年下から突然の告白! 52歳女性が下した決断とは? (1/5) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14歳年下から突然の告白! 52歳女性が下した決断とは?

50歳から結婚してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
時政美由紀dot.#婚活#時政美由紀#結婚
泊まるときはいつもホテル(※写真はイメージ)

泊まるときはいつもホテル(※写真はイメージ)

50歳から結婚してみませんか?

スローマリッジ取材班

978-4023332799

amazonamazon.co.jp

「私たち、結婚しました!」――続けて届いた2通の結婚報告はがき。お葬式に参列することのほうが増えていたというのに、まさか同年代である50代の友人から結婚話を聞かされるとは。もしかして、と調べたところ、ここ20数年で50歳前後の結婚増加が判明。総数から見れば少ないものの、“50歳からの結婚”が増えていることは間違いないようだ。連載「50歳から結婚してみませんか?」では、結婚という大きな決断を50歳で下すことになった5人の女性の本音とリアルに迫る。第26回は、14歳年下の男性と結ばれた品川エミさん(仮名・62歳・デザイナー)の後編をお届けする。

*  *  *
 これまで「仕事一筋」で生きてきたエミさんが、仕事でのプレゼン能力を伸ばすために参加した教室で出会った14歳年下の男性からデートに誘われたのは52歳のとき。

「教室に入った頃の50代前半の私は、スピーチはもちろん、この年で敬語も上手に使えず、初対面の人も苦手でした。でも、その教室は自分らしくあることに価値があるという文化がありました。もしかしたら、そんなところが年齢をあまり感じさせなかったのかもしれません」

 最初の観劇から2カ月ほどして、また彼からお芝居の誘いが。でも、その時は仕事が忙しく断ってしまった。

「なのに、3度目のお誘いが来たんです。そしてその日は彼の誕生日でした。何度も誘ってくれてメールで連絡し合うちに、彼は少しずつ私の人生の一部になっていきました」

 でも、自分の年齢を正直に言ったらきっと逃げてしまう。観劇の後、とにかく誕生日を祝ってあげようと、トルコ料理のレストランを予約し、用意したケーキを店員さんに出してもらうというサプライズを敢行。

「そしたら、いきなり『つき合ってください!』ですよ、その場で。彼は4、5歳上くらいに思っていたみたいで。『いやいや、私はすご~くお姉さんだから』って。うれしかったけれど、確認しました。『あなたいくつ?』『僕は38歳です』……。『もし私とずーっとつき合っても、あなたはお父さんにはなれないですよ』みたいな話をしました。でも、一方で『よくぞこの私を見つけましたね。お目が高い!』と、心の中で彼を誉めたたえてもいました(笑)」


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい