「なつぞら」絶好調の広瀬すず 透明感の真逆にある破天荒な素顔とは (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「なつぞら」絶好調の広瀬すず 透明感の真逆にある破天荒な素顔とは

dot.
4月19日から就航するJALの「なつぞら」特別塗装機の前で笑顔の広瀬すず (撮影/今田俊)

4月19日から就航するJALの「なつぞら」特別塗装機の前で笑顔の広瀬すず (撮影/今田俊)

取材陣に手を振る広瀬すず(撮影/今田俊)

取材陣に手を振る広瀬すず(撮影/今田俊)

■イメージ打破には姉アリスのような「ぶっちゃけ」が必要!?

 加えて、「広瀬が好きなお笑い芸人も、結構意外ですよ」と言うのはテレビ情報誌の編集者だ。

「お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信が好きだとバラエティ番組で明かしていました。とにかく全部が面白いそうで、地方での撮影があった時は、毎日、小宮の動画を見て元気を出していたとか。広瀬すずといえば、姉のアリスも女優として活躍中ですが、アリスはテレビで『自分から行かないとモテない』『男性に尽くさない』と女子力のなさを公言したり、『臓器が好き』とスプラッター漫画好きをアピールするなど、素をさらけ出して好感度がアップしました。妹のすずも、そんな変わった一面をぶっちゃけていけば、より幅広い層から支持されるかもしれませんよ」 

 ドラマウオッチャーの中村裕一氏は、そんな彼女の素顔を踏まえた上で女優としての成長にこう期待を寄せる。

「日本の“朝の顔”として今、一生懸命頑張っている彼女ですが、女優である前に一人の人間ですので、多様性を持っていることは当たり前です。むしろ伸びざかりのこの時期、ステレオタイプなイメージで固められてしまうと、女優としてさらにステップアップするのが難しくなってしまうでしょう。その意味でも大事なのは『なつぞら』の次の一手であることは間違いありません。しかしながら、半年間、朝の連続テレビ小説の主演を務めるということは、なかなかできない貴重で大きな経験でもあり、演技や表現にプラスとなることは確実です。最終回を迎える頃には、女優としても人間としても大きく成長した、たくましい表情の彼女を見ることができるでしょう」

 高い演技力で多くの人から支持されている広瀬すず。青春系作品のイメージが強いが、今回の朝ドラでは幅広い年代を演じる予定だ。新たな魅力が生まれるか、注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい