新日本・オカダがNYで雪辱戦 英語パフォーマンスを約束 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新日本・オカダがNYで雪辱戦 英語パフォーマンスを約束

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 航dot.#朝日新聞社の本
オカダ・カズチカ/新日本プロレス所属のプロレスラー。1987 年生まれ、愛知県出身。2012 年2 月、IWGP ヘビー級王座を史上2 番目の若さ(当時24 歳)で戴冠。端正な顔立ち、存在感あふれる戦いは女性層の心をつかみ、「プロレス女子(プ女子)」ブームの火つけ役の一人となった(撮影/大野洋介)

オカダ・カズチカ/新日本プロレス所属のプロレスラー。1987 年生まれ、愛知県出身。2012 年2 月、IWGP ヘビー級王座を史上2 番目の若さ(当時24 歳)で戴冠。端正な顔立ち、存在感あふれる戦いは女性層の心をつかみ、「プロレス女子(プ女子)」ブームの火つけ役の一人となった(撮影/大野洋介)

 オカダ選手が所属する新日本プロレスは海外でも人気が高まっている。米国だけでなく、イギリスやシンガポール、台湾などへの遠征も増えた。英語を使ったインタビューにも対応しなければならない。

「相手の言葉は理解できても、言いたいことを正確に伝えるのはいまだに難しいです。海外で仕事ができることはうれしいので、『日本語しか話せません』ではなく、英語を話せるアスリートでいたいですね」

 4 月6 日(日本時間7日)、新日本プロレスは米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで「G1 SUPER CARD」を開催する。約2万人を収容するスポーツの殿堂で行われるメインイベントへかける思いは、誰よりも強い。

「予選を勝ち抜けば、そこでIWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイト選手に挑戦できる。ジェイには1月4日の東京ドーム大会で敗れてしまったので、雪辱の機会を待ち望んでいました。実は英語もそこに向かって勉強中です。勝たないとスピーチの機会は与えられませんが、もし出場できて勝てたら、リング上で英語を使ったパフォーマンスをします。楽しみにしていてください」(文・山本 航)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい