ゴールデンボンバー 新曲「令和」に見た本物感 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴールデンボンバー 新曲「令和」に見た本物感

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田
ゴールデンボンバー (c)朝日新聞社

ゴールデンボンバー (c)朝日新聞社

 4月1日、新元号が発表された。発表会見の模様はテレビ各局でも生中継され、日本中の注目を集めていた。その発表の瞬間からわずか1時間後、ゴールデンボンバーが新元号を歌詞に盛り込んだ新曲『令和』を発表した。

 彼らは新元号が発表される少し前からLINE LIVEで生配信を行い、その制作の様子を公開していた。発表されるとすぐにレコーディングとMV(ミュージックビデオ)の撮影を始め、あっという間にMVを仕上げてYouTubeで公開した。楽曲と映像はほぼ完成に近い状態にあり、新元号を連呼するサビの箇所だけを穴埋めするような形で曲を完成させたのだ。その企画力と行動力、そして楽曲やMVのクオリティの高さに称賛の声が相次いでいる。

 ゴールデンボンバーはもともと「アイデアの塊」のようなバンドだった。そもそも楽器を弾かない「エアーバンド」という彼らの成り立ち自体が1つの発明だった。ボーカルの鬼龍院翔以外のメンバーはライブでも楽器を弾くふりをしているだけ。音源は打ち込みで事前に作ったものを流していた。

 ボーカル以外に楽器を弾かないメンバーが3人いるステージは異様である。楽器という武器を持たない彼らは、その代わりにさまざまなパフォーマンスを矢継ぎ早に繰り出して観客を煽る。特に、身体能力の高い白塗りメイクの樽美酒研二が体を張ったパフォーマンスをするのが印象的だ。ゴールデンボンバーは大舞台に出るほど真価を発揮する。その才能が評価され、2012年から4年連続で『NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。

 作詞・作曲・ボーカルを担当する鬼龍院翔は、もともと芸人を目指して吉本興業の養成所「NSC東京」に通っていた。在学中はしずるの池田一真とコンビを組んでいた時期もあった。だが、鬼龍院は芸人としての自分の才能にあっさり見切りをつけて、卒業後に音楽の道に進んだ。そして、お笑い的なパフォーマンスを取り入れたバンド「ゴールデンボンバー」を結成した。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい