カープの公式戦抽選券配布打ち切りでファンと一触即発「全員に配ると言うたじゃろ」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カープの公式戦抽選券配布打ち切りでファンと一触即発「全員に配ると言うたじゃろ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
整理券のためにならぶカープファン

整理券のためにならぶカープファン

2月25日に配布されたカープの公式戦抽選券

2月25日に配布されたカープの公式戦抽選券

2月25日に配布されたカープの公式戦抽選券

2月25日に配布されたカープの公式戦抽選券

 広島カープの今季公式戦の入場券購入のための抽選券の配布が25日、マツダスタジアムで行われた。しかし、球団の想定を上回る約5万人が詰めかけ、途中で配布が打ち切られると、多くのファンが抗議。警備員らに詰め寄るなど暴動寸前、一触即発となった。

【写真】配布されたカープの公式戦抽選券はこちら

 早朝から並んだというファンがこう話す。

「朝6時くらいに並びに行くと、すでに徹夜組の人で100人以上はいました。配布時間が急に9時半くらいに繰り上がり、配布場所のマツダスタジアム周辺はすさまじい人で、移動もできない状況。そんな中、配布がはじまり、人が殺到していた」

 昨季までは、先着順で販売していた入場券だが、転売目的での購入も多発していたことから、今年から抽選券配布に切り替えた。

 広島カープは来場者全員に抽選券を配布すると事前アナウンスしていたという。

 別の広島ファンは来場者数のすさまじさをこう語る。

「福山から新幹線で広島に行きました。午前10時すぎに広島駅に到着して、改札を出た瞬間、すごい人。何があったのかと思ったら、みんな抽選券で並んでいるという。駅からマツダスタジアムまでは10分くらい歩いてかかる。どれだけ並んでいるのかとビックリでした」

 前出のファンはこう続ける。

「問題なのは、最後尾がわからないこと。どこに並んでいいのやら、アナウンスもなく、駅員さん、警官までが動員され、困惑しながら、人の整理にあたっていた」

 あまりの人出に広島カープは、午前11時ころにマツダスタジアムにいた人のみに抽選券を配布すると、一方的にゲートを閉めた。

 JRから列車の運行に支障をきたすと連絡があり、周辺道路も人で埋め尽くされ大渋滞になったからだという。すると、抽選権をもらえなかったファンが激怒。

「朝8時くらいに並んでも、マツダスタジアムからかなり遠くのところだったようです。怒ったファンが警備員を取り囲んで『抽選券を早く配布しろ』『全員に配ると言うたじゃろ』などと殴りかからんばかりでした。それに1度、抽選券貰った人がまた割り込んで2度目をゲットしたり、広島駅あたりに並んでいた人は、アナウンスすら聞こえず、何が起こっているのかわからなかった。中には『神戸からきたんや、新幹線代を返せ』とすごい勢いで怒っていた人もいた。2時間以上も並んでもらえなかったと嘆く声もあった。広島カープ側の配布準備があまりにずさんでした」(別のファン)

 広島カープもまずいと思ったのか、「大変ご迷惑をおかけしました」と繰り返しアナウンスを流したそうだが、ファンの怒りはおさまる様子はなかったという。(取材班)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい