野田市虐待死事件 心愛さんが父親に書かされた手紙全文「児童相談所の人には会いたくない…」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野田市虐待死事件 心愛さんが父親に書かされた手紙全文「児童相談所の人には会いたくない…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.

虐待で死亡した心愛さん

虐待で死亡した心愛さん

心愛さんが父親からの虐待の事実を訴えた小学校のアンケート

心愛さんが父親からの虐待の事実を訴えた小学校のアンケート

 なぜ、幼い命は救えなかったのか──。千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が、父親の栗原勇一郎容疑者(41)による虐待で死亡した事件で5日、心愛さんが勇一郎容疑者に「お父さんに叩かれたのはウソ」という手紙を書かされていたことがわかった。児童相談所の職員は、手紙を見た後、心愛さんの保護を解除していた。千葉県柏児童相談所の二瓶一嗣所長が、千葉県庁で開いた会見で明らかにした。

【心愛さんが父親からの虐待の事実を訴えた小学校のアンケート】

 二瓶所長によると、児童相談所の職員3人が「ウソの手紙」を見せられたのは昨年2月26日。当時、親族宅で生活していた心愛さんを職員3人が訪問。その時、心愛さんの署名付きの手紙を見せられた。そこには<お父さんにたたかれたということは、ウソ><児童相談所の人にはもう会いたくないのでこないでください>などと書かれていた。

 これに対して職員は同月28日、対応方針を決める会議を開催。職員間の議論を経て、心愛さんを勇一郎容疑者と母親の栗原なぎさ容疑者(31)の住む家に戻すことを決定した。

 ただ、手紙の内容を不審に思ったのか、職員は3月19日に心愛さんが通う小学校を訪問していた。

 実は、ここでも心愛さんはSOSを発していた。心愛さんは手紙の内容について、勇一郎容疑者がメールで母親の栗原なぎさ容疑者(31)で指示し、心愛さんがその通り書き写したことを認めていた。内容がウソであると大人たちに伝えていたのだ。

 ところが、ここでも心愛さんが助けられることはなかった。職員が「じゃあ、そこに書いてあったのは(心愛さんの)気持ちとは違う感じ?」とたずねると、心愛さんが「お父さんとお母さんに早く会いたい、一緒に暮らしたいと思っていたのは本当のこと」と回答したため、心愛さんが保護されることはなかった。

 心愛さんが発したSOSは過去にもあった。2017年11月には小学校が実施したいじめのアンケートで、勇一郎容疑者から暴力を受けていたことを訴え「先生、どうにかできませんか」と書いていた。ところが、その内容について市の教育委員会は、勇一郎容疑者の脅しに屈してコピーを渡していた。その時も、勇一郎容疑者は子供の字で書かれたような「同意書」を持参していたという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい