第44回木村伊兵衛写真賞ノミネート作家が決定! 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第44回木村伊兵衛写真賞ノミネート作家が決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩根愛『KIPUKA』から

岩根愛『KIPUKA』から

金川晋吾「長い間」から

金川晋吾「長い間」から

川崎祐「Scenes」から

川崎祐「Scenes」から

露口啓二『地名』から

露口啓二『地名』から

富安隼久『TTP』から

富安隼久『TTP』から

ミヤギフトシ「感光」から

ミヤギフトシ「感光」から

 第44回(2018年度)木村伊兵衛写真賞の一次選考が行われ、下記の6人が最終候補者として選出されました。

 木村伊兵衛写真賞は、日本の写真の発展に尽くした木村伊兵衛氏の業績を記念して、朝日新聞社が1975年に創設。2008年4月からは朝日新聞出版との共催となりました。

 選考は写真関係者の方々からアンケートにより候補者を推薦いただき、選考委員会で決定しました。対象となったのは、2018年1月から12月に発表された写真集、および写真展などの写真活動全般です。受賞者の発表は「アサヒカメラ」4月号(3月20日発売)、朝日新聞紙上、ニュースサイト「AERA dot.」などで行う予定です。なお、選考委員は写真家の石内都、鈴木理策、ホンマタカシの各氏と作家の平野啓一郎氏です。

【第44回木村伊兵衛写真賞ノミネート作家】

<岩根 愛>
写真集『KIPUKA』、展示「FUKUSHIMA ONDO」

いわね・あい/東京都生まれ。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、アシスタントを経て1996年に独立。雑誌媒体、音楽関連等の仕事をしながら、世界の特殊なコミュニティでの取材に取り組む。2006年以降、ハワイにおける日系文化に注視し、2013年より福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続ける。2018年、初の作品集『KIPUKA』(青幻舎)を上梓。


<金川晋吾>
展示「長い間」

かながわ・しんご/1981年、京都府生まれ。神戸大学発達科学部卒業。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。第12回三木淳賞。2018年さがみはら写真新人奨励賞。2016年に青幻舎より『father』刊行。 最近の主な展覧会 2015年「STANCE or DISTANCE?  わたしと世界をつなぐ『距離』」(熊本市現代美術館)、2018年「長い間」(横浜市民ギャラリーあざみ野)。


<川崎 祐>
展示「Scenes」

かわさき・ゆう/1985年、滋賀県生まれ。早稲田大学第一文学部、一橋大学大学院言語社会研究科卒業。2017年に『第17回写真「1_WALL」』でグランプリを受賞。同展では川崎の出身地である滋賀・長浜で撮影した両親や姉、地元周辺の過疎化する郊外の風景を捉えた作品を展示した。


<露口啓二>
写真集『地名』

つゆぐち・けいじ/1950年、徳島県生まれ。主な個展に「自然史—北海道・福島・徳島」(CAI01/札幌市、2014)、「アフンルパルEX1」(岩佐ビル/北海道、2008)、「地名」( LIGHT WORKS /横浜市、2002)、近年の主なグループ展に「今も揺れている展(横浜市民ギャラリーあざみ野/横浜市)」「もうひとつの眺め展」(北海道立近代美術館/北海道、2015)、札幌国際芸術祭(北海道、2014)、「アクアライン展」(札幌芸術の森美術館/北海道、2013)など。


<富安隼久>
写真集『TTP』

とみやす・はやひさ/1982年、神奈川県生まれ。2006年東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。13年ライプツィヒ視覚芸術アカデミーにてディプロム、16年同校にてマイスターシューラー号を取得(ペーター・ピラー教授)。14-16年、ライプツィヒ視覚芸術アカデミー夜間写真講座非常勤講師。17年よりチューリッヒ芸術大学芸術・メディア学部助手。


<ミヤギフトシ>
展示「感光」(展示「小さいながらもたしかなこと」日本の新進作家vol.15)

1981年、沖縄県生まれ。東京都在住。自身の記憶や体験に向き合いながら、国籍や人種、アイデンティティといった主題について、映像、写真、オブジェ、テキストなど、多様な形態で作品を発表。近年は文藝誌上にて、小説『アメリカの風景』『暗闇を見る』『ストレンジャー』も発表。主な展覧会に、「小さいながらもたしかなこと」(東京都写真美術館、2018年)、「How Many Nights」(ギャラリー小柳、2017年)などがある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい