M-1暴言問題「もう終わるべき」 カンニング竹山がスタジオ騒然の批判をした真意 (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

M-1暴言問題「もう終わるべき」 カンニング竹山がスタジオ騒然の批判をした真意

連載「言わせてもらいますけどね!」

dot.
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/写真部・小原雄輝)

上沼恵美子さん (c)朝日新聞社

上沼恵美子さん (c)朝日新聞社

 まずい写真もありますよね。泊まりロケの後の部屋飲みで、昔よくザキヤマと「全裸ででんぐり返しするけど股間が見えない」っていう芸をやって、みんなで写真を撮って「見える」「見えない」でゲラゲラ笑っていたんですよ。でもそれをSNSに上げるバカはいません。

 更年期は実際に困っている人も体が辛い人もいるわけだから、カチンとくる人も傷つく人もいる。そこは大人じゃなかったし、反省しなきゃいけないこと。

 そして、この騒動はもう終わっただろって話なんですよ!

 ただ、『ビビット』がそのまま喋らせてくれるのはありがたいことでもあるんですよ。ああ言っても、現場で怒られることは無いですし、急に呼ばれなくなるってこともいまのところ無い。後で揉めるかもしれないですけど(笑)

 僕は、毎日生放送をしている情報番組は、議論とかそういう意見がないとつまらないと思う。ほかのワイドショーでも、ときどき炎上したとしてもワーッと言う人がいる番組は面白い。喧嘩じゃないけど、議論になることが生放送のいいところだし、見たくなるワイドショーになるのかなと、偉そうですが勝手に思ってます。

 だからといってワイドショーでは怒り役をあえてやってるつもりはないし、バラエティーとは違うルールがあるんですよ。

 バラエティーだと、例えば番宣で役者さんが来たら、前に出ないでわざと"死ぬ"こともあって、芸人はみんなその技術を持っています。役者さんに気持ちよく帰ってもらうのが一番良いので、そういう役回りは暗黙の了解です。

 吉本新喜劇さんもそのようなルールで成り立っていると聞いた事があります。前に出てる人が持ち場で笑いを取って、みんなはそのとき後ろで見ている。関係無いのに絡みに行ったりすると、表に出てる人が得しないじゃないですか。優しさとか思いやりからできたルールで、みんなで作っていく劇団みたいなものですよね。それは決してヤラセでもないし、インチキでもない。視聴者の人も見ていて心地いいんです。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい