宇野昌磨、ファンの期待を力に…昨年の悔しさ胸に頂点へ【沢田聡子】 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇野昌磨、ファンの期待を力に…昨年の悔しさ胸に頂点へ【沢田聡子】

このエントリーをはてなブックマークに追加
沢田聡子dot.

「ファンの期待」を胸に挑む宇野昌磨(写真:getty images)

「ファンの期待」を胸に挑む宇野昌磨(写真:getty images)

 平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで銀メダルを獲得した宇野昌磨は“ある課題”に苦しんでいた--。 

【写真】太陽が眩しい? 砂浜に落書きをする幼少期の宇野選手と弟・樹さんはこちら

 昨季、地元・名古屋で行われたグランプリファイナルで、0.5点差でネーサン・チェンに惜敗した。「0.5負けたっていうのは、そういう日だったんじゃないかな」とあっさりと片付けた宇野。彼の頭を占めていたのは、「4回転トーループ」だった。練習では9割ぐらい跳べているが、なぜか、試合だとそれを失敗してしまうという。

「試合でよく失敗するジャンプは、トーループなんですよ。跳べるジャンプだからこそ失敗しやすい。簡単に跳べるからこそ、いろんなことができちゃうから失敗するんじゃないかな。ギリギリのジャンプはもう力を100パーセント入れる、それ以外にはないので。だからかなとは思うんですけど、それは本当に課題ですね」

 その課題は、今季も宇野を悩ませていたが、11月に行われたグランプリシリーズ2戦目のNHK杯で“解決の糸口”をつかむ。ショートプログラムでは、4回転トーループで回りすぎて転倒しまったが、体が動きすぎるのが原因ならば、ショートの4回転トーループを疲れが出る三つ目(最後)のジャンプにもってくることも考えたそうだ。しかし、宇野はフリー当日に“ある境地”に達する。

「構成を変える前に、やはりもう数回このまま調整したいなと……。自分の気持ちをどうコントロールするか、コントロールできないなら、ちょうどいいところに持っていくにはどうするか。やはり向き合っていきたいなと思いました」

 課題に正面から向き合う覚悟ができた。それが影響してだろうか、3.39の加点がつき、高く評価されたフリー1本目の4回転トーループは、“突破口”となるジャンプになった。

「結構、練習通りできたという感じだった。一回呼吸をおいて跳びにいったんですけど、回りすぎてしまって……。ただショートと違うのは、分からないから思い切りいったジャンプとは違う、いつもの練習をなるべく再現しようとしたトーループだった」



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい