『M-1グランプリ』はなぜ、関西芸人が強いのか (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『M-1グランプリ』はなぜ、関西芸人が強いのか

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田

決勝に進んだかまいたち (c)朝日新聞社

決勝に進んだかまいたち (c)朝日新聞社

 11月15日、漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』の準決勝が行われ、直後の会見で決勝メンバーが発表された。決勝に進んだのは、ギャロップ、かまいたち、霜降り明星、ジャルジャル、スーパーマラドーナ、トム・ブラウン、見取り図、ゆにばーす、和牛の9組。彼らに敗者復活戦の勝者を加えた10組が12月2日に行われる決勝に挑むことになる。

 今回の決勝メンバーの大半は関西出身の関西芸人である。9組18人のうち、非関西人はトム・ブラウンの2人とゆにばーすのはらの計3人のみだ。過去の『M-1』でも同様の傾向は見られる。優勝者13組のうち、関西コンビは9組を占めていて、非関西コンビはアンタッチャブル、サンドウィッチマン、パンクブーブー、トレンディエンジェルの4組だけである。

 また、昨年の大会では、決勝メンバー10組のうち、非関西コンビのカミナリ、マヂカルラブリーの2組が9位と10位に沈んだ。『M-1』は2010年を最後にいったん休止となり、2015年に復活している。2015年以降の大会では特にこのような傾向が強く、決勝メンバーに非関西人が少ないだけでなく、たとえ決勝に上がっても、その大半が下位で終わってしまう。『M-1』で関西芸人がここまで強いのはなぜなのか。

 その理由を一言で言うなら、漫才がもともと関西の文化だからだ。現代のしゃべくり漫才の創始者と言われているのは関西芸人の横山エンタツ・花菱アチャコである。漫才の歴史はここから始まった。

 大阪と東京それぞれで漫才は発展を遂げていったのだが、文化として深く根付いたのは大阪の方だった。漫才師の数が多く、質も高かった。センターマイクを挟んで2人の人間がボケとツッコミの応酬をするという話芸は、そもそも関西弁に適している。関西にはボケとツッコミの文化があり、関西弁はそれを表現するための言語である。漫才が関西のものであるというのはそういうことだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい