ポートレート撮影でモデルとの契約は必要? 知らなきゃまずい写真公開「リスク」と「覚悟」

アサヒカメラ

2018/11/19 16:00

 肖像権問題はその微妙な性格から多くの誤解を生み、スナップ撮影の萎縮ムードをもたらしている。今回はスナップの「撮影」と「発表」のシーンで注意すべき点をピックアップ。「アサヒカメラ」11月号では、SNSや写真展などで「作品を発表する際に気をつけたいこと」を特集。弁護士・三平聡史氏監修のもと、無断使用のリスクなどを解説する。

あわせて読みたい

  • 写真・カメラ誌編集長たちが審査する写真賞 優秀者にはフランスでの写真展のチャンス!

    写真・カメラ誌編集長たちが審査する写真賞 優秀者にはフランスでの写真展のチャンス!

    アサヒカメラ

    4/10

    「カメラの今を考える」トークショー プログラム

    「カメラの今を考える」トークショー プログラム

    アサヒカメラ

    9/15

  • 誰が「写真」を殺すのか? 著作権侵害は犯罪なのにネット上で黙認されるワケ

    誰が「写真」を殺すのか? 著作権侵害は犯罪なのにネット上で黙認されるワケ

    dot.

    1/12

    「インスタ映え」コンテストで著作権侵害が横行

    「インスタ映え」コンテストで著作権侵害が横行

    dot.

    1/25

  • SNS誹謗中傷で注目の「発信者情報開示請求」 約350件請求した写真家の体験に学ぶ

    SNS誹謗中傷で注目の「発信者情報開示請求」 約350件請求した写真家の体験に学ぶ

    dot.

    6/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す