有働由美子起用の裏で露骨な経費削減策の日本テレビ テレビ朝日に視聴率を抜かれた本当の理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

有働由美子起用の裏で露骨な経費削減策の日本テレビ テレビ朝日に視聴率を抜かれた本当の理由

連載「道理で笑える ラリー遠田」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラリー遠田dot.#ラリー遠田

日本テレビは有働由美子を迎えたが… (c)朝日新聞社

日本テレビは有働由美子を迎えたが… (c)朝日新聞社

 近年の日本テレビは視聴率争いで民放トップを独走してきた。ところが、その勢いにも陰りが見られるようになってきた。2018年10月にテレビ朝日が月間全日視聴率で単独トップに立ったのだ。それまで日本テレビは月間視聴率で3冠(全日、ゴールデン、プライム)を維持していたのだが、その連続記録は58カ月でストップしてしまった。

【写真】NHKに見切りをつけた有働アナ、目指すはこの人?

 テレビ朝日が視聴率トップに立った最大の理由は、ドラマが軒並み好調であることだ。テレビ朝日では米倉涼子主演のドラマ『ドクターX 外科医・大門未知子』が長年にわたり高い視聴率を保つ人気シリーズとなっていた。今期は同じ米倉主演で新ドラマ『リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子』が始まり、これが『ドクターX』に負けないほどの高い視聴率をマークしている。また、水谷豊・反町隆史主演の『相棒』、沢口靖子主演の『科捜研の女』も手堅く支持されている。これらのドラマがテレビ朝日躍進の原動力になっている。

 また、帯の情報番組や報道番組でも好調が際立っている。朝の情報番組では『羽鳥慎一モーニングショー』が民放では同時間帯トップの人気を維持しており、夜のニュース番組では新たに元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美が加わった『報道ステーション』が変わらず高い支持を受けている。さらに、バラエティでは新番組の『ポツンと一軒家』が空前の大ヒットを記録中。全分野で好調を保ち続けたことで、絶対王者の日本テレビの牙城を崩すことに成功した。

 日本テレビは2014年から2017年まで年間視聴率で3冠を維持してきた。その圧倒的な強さの鍵はバラエティ番組にある。日本テレビには『マジカル頭脳パワー!!』『エンタの神様』など数々の高視聴率番組を手がけてきた五味一男というプロデューサーがいる。彼は視聴率を取るための独自の理論を持っていて、後輩たちにもそれを伝えている。五味のもとで育ったテレビマンが「五味理論」を駆使して徹底的に視聴者を満足させるための番組作りにこだわり続けたことで、根強い人気を保つバラエティ番組が次々に量産された。特に、日曜ゴールデンの『ザ!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』という並びは圧巻である。日本テレビが王座を保ってきたのはそれが理由である。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい