関空を襲った「高潮」、危険性は津波に匹敵? 知られざるリスクを災害研究者が指摘

2018/09/09 07:00

 近畿地方に大きな爪痕を残した台風21号。沿岸部を記録的な高潮が襲い、関西空港は冠水し、連絡橋にタンカーが衝突するなど被害は甚大だった。関西大学社会安全学部特任教授で、災害研究の第一人者である河田惠昭氏はかねてより「高潮」の危険性について警鐘を鳴らしていた。著書『日本水没』(朝日新書)より、内容の一部を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「高潮は想定外だった」 台風21号で関空マヒ 見えた都市型災害の落とし穴

    「高潮は想定外だった」 台風21号で関空マヒ 見えた都市型災害の落とし穴

    AERA

    9/8

    大阪湾は高潮に要注意

    大阪湾は高潮に要注意

    tenki.jp

    7/17

  • 地下街で水害起きないは“錯覚” 「止水板には限界がある」

    地下街で水害起きないは“錯覚” 「止水板には限界がある」

    AERA

    9/9

    “東京沈没”はありえるのか? 荒川氾濫やスーパー台風の高潮による「首都機能停止」を検証

    “東京沈没”はありえるのか? 荒川氾濫やスーパー台風の高潮による「首都機能停止」を検証

    AERA

    11/25

  • タイヤ半分まで冠水するとブレーキの効きが低下…冠水したアンダーパス進入で死亡事故

    タイヤ半分まで冠水するとブレーキの効きが低下…冠水したアンダーパス進入で死亡事故

    AERA

    9/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す