西日本豪雨の被災者を襲う3重苦 熱中症、ボランティア不足、避難所ストレス…

2018/07/17 17:43

 200人を超える死者を出した西日本豪雨。ほとんどの地域で水は引いたが、現地を歩くと、ボランティア不足、熱中症、避難所でのストレスなど被災者の生活再建に向けて山積する課題が見えてきた。

あわせて読みたい

  • 灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

    灼熱の西日本豪雨被災地で記者が学んだ「10分作業、10分休憩」ボランティアの鉄則

    AERA

    7/23

    “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    “人手”だけじゃない…豪雨被災地で見たボランティアの役割

    AERA

    7/24

  • 避難所を和ませた「リーダー」はなぜうつ病になったのか

    避難所を和ませた「リーダー」はなぜうつ病になったのか

    週刊朝日

    3/15

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    【ペットの防災】避難所に入れなくてもあきらめない 同行避難と命を守る仕組みづくり

    AERA

    3/16

  • 手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    手つかずの被災家屋、足りない支援に“絶望死”続出の恐れも…コロナ禍が被災地支援の壁に

    AERA

    8/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す