ユーミンと松任谷正隆氏が語るライヴの極意 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ユーミンと松任谷正隆氏が語るライヴの極意

連載「LOVE YOU LIVE!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
神舘和典dot.#神舘和典

エンタテインメント性が高い松任谷由実のライヴ(写真は2016~2017年の「宇宙図書館」ツアーより)/「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」 http://rijfes.jp/ ※ユーミンの出演日は後日サイトで発表

エンタテインメント性が高い松任谷由実のライヴ(写真は2016~2017年の「宇宙図書館」ツアーより)/「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」 http://rijfes.jp/ ※ユーミンの出演日は後日サイトで発表

アルバム『ユーミンからの、恋のうた。』/「Ghana Presents 松任谷由実 TIME MACHINE TOUR ~Traveling through 45 years~」 http://yuming.co.jp/

アルバム『ユーミンからの、恋のうた。』/「Ghana Presents 松任谷由実 TIME MACHINE TOUR ~Traveling through 45 years~」 http://yuming.co.jp/

松任谷由実

松任谷由実

松任谷正隆

松任谷正隆

 まもなく行われるオススメのライヴについて、インタビューをまじえて紹介する新連載「LOVE YOU LIVE!」。その第1回は「Ghana Presents 松任谷由実 TIME MACHINE TOUR ~Traveling through 45 years~」とユーミンがほぼ初めて参加する夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」。それぞれの見どころは――。

【『ユーミンからの、恋のうた。』ジャケット写真はこちら】

*  *  *
 4月24日、松任谷由実の3枚組ベストアルバム『ユーミンからの、恋のうた。』が発売週で10万8000枚を売り上げ、週間売上枚数1位になった。アルバムでの1位獲得は24枚目。これは日本のソロアーティストの最多記録だ。

「本当にうれしいです! 1人でも多くの人に聴いていただき、日本のポップスのスタンダードを上書きしたいと思っています」

 こう語ったユーミンが自ら提案し、9月に盛岡からスタートするのがタイムマシンツアー。14会場29公演すべて1万人前後のアリーナだ。

「今までのツアーの印象的なシーンの再現を考えています。CDにベスト盤があるように、ツアーにもベスト的なものがあったら楽しいかなと。タイムマシンは1960年のアメリカ映画『タイム・マシン 80万年後の世界へ』のイメージです。時をさかのぼり記憶に強く残っている場面の数々をお見せします」

 とは、総合プロデューサーの松任谷正隆。ユーミンのツアーでは本物の象をステージに登場させたり、看護師のコスプレで客席から登場したり、サーカスやシンクロナイズドスイミングとコラボレーションしたり、大エンタテインメントを展開してきた。

 音楽は歌や演奏そのものを楽しむだけではない。その曲を聴いたとき、そのライヴを観たときの自分がよみがえる。ユーミンのステージを観て、学生時代の自分、仕事で頑張りあるいは屈辱にまみれていた自分、失恋した自分……などがよみがえるはず。ユーミンのライヴによって過去の自分と再会できる。

「成功したツアーもあれば、悔しい思いをしたツアーもあります。由実さんにはパーソナルな世界観の作品が多い。文学のようなね。でも、今回のツアーではエンタテインメントとして楽しんでほしい。なので、ステージを客席のセンターにつくって、2月に苗場のリゾートコンサートで試したフリフラ(無線制御型ペンライト。リストバンド型もある)はやろうと思っています。音楽と連動してステージを囲むように無数の光が揺れるようにしたい」(松任谷正隆氏)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

   神舘和典 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加