「脱ゆとり」で重くなるランドセル 児童体重の半分に それでも「置き勉」禁止のなぜ

教育

2018/04/17 11:30

 子どもたちが背負っている荷物が「脱ゆとり」以降、重くなっているという。ある調査では、ランドセルやサブバックを含めた総重量が体重の約半分に達する子までいることもわかり、ツイッターでは「教科書の学校保管を進めてほしい」という投稿が2万6千リツイートされるなど話題になった。成長期の体への悪影響を懸念する医師もいる。だが、教室に教科書を置いて帰る「置き勉」は禁止する学校は多い。なぜ、重い教科書を毎日、持ち帰らなければいけないのか。

あわせて読みたい

  • “置き勉”やっと解禁 教科書を記者が計測したら40年前より1.8倍の重さに

    “置き勉”やっと解禁 教科書を記者が計測したら40年前より1.8倍の重さに

    週刊朝日

    9/11

    ランドセルが重い! 子どもの肩や腰への悪影響は? 負担を軽くする方法を医師が解説

    ランドセルが重い! 子どもの肩や腰への悪影響は? 負担を軽くする方法を医師が解説

    dot.

    5/24

  • 重いランドセル嫌で登校拒否? 肩こり、腰痛訴える子も それでも代用品が普及しない日本

    重いランドセル嫌で登校拒否? 肩こり、腰痛訴える子も それでも代用品が普及しない日本

    AERA

    6/26

    小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    小学生に6キロ背負わせる…ランドセルは異常? タブレット、水筒も加わり重量化

    AERA

    6/25

  • 「楽したらいかん!」と大人から批判 「さんぽセル」開発の小学生が「売れなくてもいい」と語った理由

    「楽したらいかん!」と大人から批判 「さんぽセル」開発の小学生が「売れなくてもいい」と語った理由

    dot.

    6/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す