「尊厳のある死とは口から食べられるかどうか」ドクターG・山中克郎医師の死生観

シニア

2018/04/08 07:00


 命を救うのが医師の仕事である一方で、「命の終わり」を提示するのも医師の務め――。救急や外科手術、がんやホスピスなど死に直面することが避けられない現場で日々診療を行っている医師20人に、医療ジャーナリストの梶葉子がインタビューした『医者の死生観 名医が語る「いのち」の終わり』(朝日新聞出版)。その中から、NHK人気医療番組「総合診療医 ドクターG」でも知られ、大学病院の教授職を辞して八ヶ岳の山々を望む信州の地に移った、諏訪中央病院総合内科・山中克郎医師の「死生観」を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    dot.

    3/10

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    dot.

    3/9

  • 死ぬはずだった病気が死ななくなったときの「幸せの条件」 感染症医が語る死生観

    死ぬはずだった病気が死ななくなったときの「幸せの条件」 感染症医が語る死生観

    週刊朝日

    7/4

    あの日、津波に流された母を想う 女性医師が考える「死生観」とは

    あの日、津波に流された母を想う 女性医師が考える「死生観」とは

    dot.

    3/11

  • 徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    徳洲会が日本最大グループになった背景 「異形の病院王」徳田虎雄の戦略

    AERA

    11/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す