高度に仕組まれた安倍首相の平昌五輪出席のシナリオ (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高度に仕組まれた安倍首相の平昌五輪出席のシナリオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史dot.#北朝鮮
1月24日午前のぶら下がり会見で平昌五輪開会式の出席を表明した安倍首相 (c)朝日新聞社

1月24日午前のぶら下がり会見で平昌五輪開会式の出席を表明した安倍首相 (c)朝日新聞社

「メディアに開会式は欠席すると報道させていたのも計算の上で、反対論を盛り上げてから、安倍さん自らが韓国に乗り出す形にしたかったのでしょう。安倍さんは、保守系議員に反対されても、平昌に行くことについては早い段階で覚悟を決めていたようだ」

 開会式には米国のペンス副大統領も出席する。北朝鮮情勢が緊迫するなか、日米韓の首脳が韓国で一堂に会することになる。「インサイダー」編集長でジャーナリストの高野孟氏は、こう話す。

「そもそも米国は、今月9日に行われた韓国と北朝鮮の南北閣僚級会談を歓迎しています。というのも、トランプ政権で本流にいるティラーソン国務長官らは、現時点では戦争回避のために対話路線に持ち込むことで一致している。そのなかで安倍首相だけが圧力一本槍で、軌道修正せざるをえない状況に追い込まれていた。また、慰安婦問題で日韓両国で不信感があっても、目前に迫っている戦争危機の対応とは別に考えるのが当たり前。その意味では、安倍首相は出席反対派に惑わされることなく、理性的な判断をしたということでしょう」

 ここ数日の開会式に出席すべきか否かのゴタゴタは、反対派をなだめるための茶番劇だったということか。(AERA dot.編集部・西岡千史)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい