広瀬アリス、新垣結衣、吉岡里帆…人気女優たちの「らしくない」趣味 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広瀬アリス、新垣結衣、吉岡里帆…人気女優たちの「らしくない」趣味

このエントリーをはてなブックマークに追加
天野まひるdot.

広瀬アリス (c)朝日新聞社

広瀬アリス (c)朝日新聞社

 女優の広瀬アリス(23)が12月19日に開かれた「2018年度カレンダー」の発売記念イベントに出席し、「いろんなことに挑戦させていただいた1年だったので、大変でしたけど楽しかったですね」と2017年を振り返った。そんな1年を漢字一文字で表すと「挑」だと語り、2018年に挑戦してみたいことを問われると「スカイダイビングがしたい」と意外な目標を掲げた。「笑いのためなら体を張ってでも!」と報道陣の笑いを誘っていた。

【広瀬姉妹の可愛い2ショット写真はこちら】

 明るさ全開で一見すると“リア充”にしか見えない広瀬だが、テレビ番組などではたびたびインドア派&ガチのオタクぶりを見せ、ネット上で驚きと共感を集めている。トーク番組で自宅の様子を紹介した際は、マンガがぎっしりと並んだ本棚を披露。旅行やロケに行くときは、移動中や部屋で読むために大量のマンガを持っていくそうで、「1泊するのに15冊くらい。3泊だと3、40冊(持っていく)」と楽しそうに語っていたことも。電子書籍を提案されると、ページをめくるしぐさをしながら「私は紙で絶対読みたいんです、マンガは。これがいいんです!」と“マンガ愛”を熱く主張していた。

「広瀬は青年マンガ好きを公言しています。トーク番組で毎週買うマンガ誌を聞かれ、『ヤングジャンプ』、『ヤングマガジン』、『少年マガジン』を挙げていました。好きなマンガは『東京喰種』(集英社)、『女子高生に殺されたい』(新潮社)など、いわゆる『デス系』と呼ばれるグロい描写がある作品が多いのですが、本人は一度もそう思ったことはなく、単におもしろいから読んでいるそうです。ただその趣味が彼女の清楚な外見とはギャップがありすぎるとネットが騒然となったのは事実です(笑)」(週刊誌の芸能担当記者)。

 広瀬の意外な好みにSNSでは「好感度が上がった」「好きなマンガのラインナップにめっちゃ親近感」といった好意的な意見が多く、新たなファンを増やしているようだが、もうひとり、好んで家に引きこもる女優がいる。押しも押されもせぬ人気女優・新垣結衣(29)だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加