高専生が開発! 壁も登れるロボットハンドの無限大の可能性

2017/11/05 11:30

 神戸市立工業高等専門学校(神戸市)で、人型ロボットの研究などに取り組む清水俊彦准教授(33)の研究室に所属する学生らが開発した、なんでもつかめて、壁まで登れてしまうロボットハンド「万能真空吸着グリッパ」が注目を集めている。

あわせて読みたい

  • 「ロビ」「ロボホン」を生み出した気鋭のクリエイターが2度の大学生活で得たもの

    「ロビ」「ロボホン」を生み出した気鋭のクリエイターが2度の大学生活で得たもの

    dot.

    10/29

    企業が驚く実践レベル! 原発で使われるロボットを作る大学とは?

    企業が驚く実践レベル! 原発で使われるロボットを作る大学とは?

    週刊朝日

    5/6

  • 将来は家にいながら富士登山できる!? 遠隔で体験を共有する「ボディーシェアリング」

    将来は家にいながら富士登山できる!? 遠隔で体験を共有する「ボディーシェアリング」

    AERA

    4/9

    ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    ロボットクリエイター・高橋智隆さんに聞く「人型ロボットの未来」

    dot.

    10/22

  • 「絶対に応援せんといけん」孫泰蔵が震えた女性起業家 ロボット工学を学ぶもハンダづけすらできず?

    「絶対に応援せんといけん」孫泰蔵が震えた女性起業家 ロボット工学を学ぶもハンダづけすらできず?

    AERA

    11/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す