AERA dot.

川栄李奈、濃厚ラブシーンが話題…こだわらない性格が「大躍進」の理由だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ひろしdot.

川栄李奈 (c)朝日新聞社

川栄李奈 (c)朝日新聞社

 窪田正孝(29)が主演を務める連続ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)に出演中の元AKB48・川栄李奈(22)が話題となっている。巨乳でエロかわ系な女子高生という役を演じ、8月15日に放送された第5話ではラブシーンを披露。テーブルの上で抱き合ったり、ベッドに連れられ、ブラジャー姿で窪田とディープキスをしたり、想像以上の濃厚なラブシーンに注目が集まっている。

 川栄といえば、AKB48時代にバラエティー番組の抜き打ちテスト企画で珍解答を連発し、“おバカキャラ”としてブレイク。だが、2014年5月に岩手県内で行われた握手会でノコギリを持った暴漢に襲われ、右手親指に裂傷を負ってしまう。そのショックで握手会に出られなくなったこともあり、同年8月にAKB48を卒業した。女優に転身後はNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年度上半期)など話題作に出演し、2017年は春のドラマの「フランケンシュタインの恋」(日本テレビ系)、そして今作と続けてレギュラー出演するなど引っ張りだこだ。

 一方、AKB48時代からのファンにとって今回のラブシーンは衝撃的で、「そこまで体を張る役を引き受けなくても……」と思っている人も多いだろう。しかし、「川栄本人は、意外と物事にこだわらない性格なのです」と証言するのはAKB48を長く取材しているスポーツ紙の芸能担当記者だ。

「8月から放送されている人気のCM『au三太郎シリーズ』の新作では織姫役に抜擢され、まさに売れっ子女優の仲間入りを果たしました。過激と言われるドラマのラブシーンについてですが、台本を読んだ時に『またキスシーンがあるんだ……』と思うこともあるようですね。でも、役自体キスが挨拶代わりという女子なので、結局、抵抗はないとか。それどころか、現場に行ったら『もう何でもいいや』という気分になるとインタビューでも語っていました。ある意味、元アイドルということに執着してないというか、そんな性格だからこそ過激な濡れ場を演じられるのでしょう」

 そんな川栄だが、AKB48卒業後に女優として注目され始めたのは「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ系)の再現ドラマからだ。彼氏を横取りする“最低女”を演じ、「演技がうまい」と評判になったのだ。だが、AKB時代は女優になりたいとは特に思っていなかったという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加