AERA dot.

広陵中村には“あの球団”がおすすめ! 夏の甲子園「ドラフト候補」診断【捕手、内野手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.

全てにおいて高いレベルを見せた広陵・中村(c)朝日新聞社

全てにおいて高いレベルを見せた広陵・中村(c)朝日新聞社

 花咲徳栄の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト的な観点では清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社)が出場を逃し本命不在と言われたが、そんな中でも目を引くようなプレーを見せた選手は少なくなかった。ここではそんな甲子園で輝いた有力選手達をドラフト候補としての観点で評価、分析したい。なお中には既に進学が噂されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったらという目線で平等に評価した。投手編に続き、第二回は捕手と内野手について紹介する。

【写真】あの伝説の女子マネも! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

評価A:プロ志望なら上位指名濃厚
評価B:プロ志望なら指名濃厚
評価C:プロ志望なら指名の可能性あり

■中村奨成(広陵)
ポジション:捕手
身長体重・投打:181cm・78㎏・右投右打
評価:A
おすすめ球団:中日

 全てのポジションで今大会最も評価を上げた選手と断言できる見事な活躍だった。ベース付近でも勢いの落ちないセカンド送球とフットワークはまさに圧巻。死球の影響で広島大会では不振だった打撃も、大会新記録となる6本塁打を三方向に放り込む大活躍で、脚力を生かした走塁も見事だった。これだけ高いレベルで三拍子揃った捕手は珍しく、1位指名の可能性は高い。正捕手不在のチームは多いが、特に若手に候補の少ない中日はぜひ狙いたい選手だ。

■福井章吾(大阪桐蔭)
ポジション:捕手
身長体重・投打:168cm・73㎏・右投左打
評価:C
おすすめ球団:阪神

 正捕手になったのが春のセンバツからとは思えないレベルで、フットワークを生かしたスローイングは見事。小柄だが打撃のパンチ力も申し分ない。キャプテンシーも魅力で地元阪神は将来の正捕手候補として狙いたい選手だ。

■猪田和希(神戸国際大付)
ポジション:捕手
身長体重・投打:183cm・80㎏・右投右打
評価:C
おすすめ球団:DeNA

 センバツ以降、自慢の強肩に磨きがかかった印象。キャッチングとコントロールに課題はあるが、潜在能力は高い。右へ強く打てる打撃も光る。捕手の絶対数が少ないDeNAは獲得をおすすめしたい。

■蔵野真隆(智弁和歌山)
ポジション:捕手
身長体重・投打:180cm・82㎏・右投右打
評価:C
おすすめ球団:巨人

 スローイングの速さでは大会1、2を争うレベル。粗さは残るが、打撃の力強さも兼ね備えており、体の強さのあるキャッチャーらしいキャッチャーだ。高卒の若い野手が不足している巨人は狙いたい素材だ。

■鵜飼航丞(中京大中京)
ポジション:一塁手
身長体重・投打:181cm・84㎏・右投右打
評価:C
おすすめ球団:中日

 全国でも屈指のパワーを持つ右の強打者。力を持て余すことなく、小さい動きで強く打てるのが長所。ファーストだが脚力があるのも魅力。若手の強打者タイプが慢性的に不足している地元中日はぜひ狙ってもらいたい選手だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加